今夏7・8月上演、今年で42年目を迎えるブロードウェイミュージカル『ピーター・パン』のメインビジュアルが解禁された。

ピーター・パン役の吉柳咲良とフック船長役の小西遼生のコミカルな表情や、ウェンディ役の岡部麟(AKB48)、タイガー・リリー役の田野優花、ダーリング夫人役の壮一帆の新キャスト3名の生き生きとした表情は、劇中の1カットを切り取ったような仕上がりとなっている。

上段左より)吉柳咲良、 小西遼生 下段左より)岡部 麟(AKB48)、 田野優花、 壮 一帆

上段左より)吉柳咲良、 小西遼生 下段左より)岡部 麟(AKB48)、 田野優花、 壮 一帆

また、毎年ピーター・パン公演の劇場ロビーでは、どんな人でも楽しめるよう様々な工夫がされており、舞台を観ることにプラスした思い出を作ることができるのが特徴だ。劇場に一歩入ればピーター・パンの世界に触れられるのと同時に、大人も一気に童心に帰って楽しめるようになっている。
今年の会場である東京国際フォーラムホールCのロビーでは、東京大学の折り紙サークル[Orist]とコラボレーションが決定。[Orist]のメンバーが1枚の巨大な紙で折ったピーター・パンとフック船長が展示される。一体どのように折り紙で表現されるのか? 

そのほかに、ロビーではOristが今回のピーター・パンに登場するモチーフのオリジナルの折り方を希望者に教えてくれる、折り紙教室も実施予定だ(参加費100円(材料費込))。

[Orist]の作品 シーラカンス

[Orist]の作品 シーラカンス

[Orist]の作品 ライオン

[Orist]の作品 ライオン