世界初の「メタバースネイティブ」音楽レーベル 0x0のバーチャルアーティスト、Medicine Man & A-POPのニューシングル「Medicine Man」が5月末にリリースされる。オーストラリア出身で現在台湾を拠点とするシンガーKimberley Chenを招いてのコラボが実現。

人気のNFTコレクション「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」の猿21匹で作られたグループMedicine Man & A-POPは、Medicine Manを筆頭にポップスやヒップホップを中心に活動している。ポスト・マローン(Post Malone)、エミネム(Eminem)、スティーヴ・アオキ(Steve Aoki)など有名なミュージシャンはBAYCの所有者であり、熱心なファンである。そして、メタバースに誕生した世界初の3D BAYCシンガーのMedicine Man & A-POPは、瞬く間に音楽シーンやNFT所有者たちの注目の的となった。一匹を40万米ドル以上の価値で換算した場合、このグループの総額は900万ドル(約11億日本円に近く)を超える。

年初に配信サイト及びNFT作品として同時発売されたデビュー曲「Hello Tokyo」に続き、新曲「Medicine Man」を5月にリリースするMedicine Man & A-POPは、今作ではKimberley Chenとのコラボをサプライズ発表。コラボのきっかけは「この曲は本当に彼女にピッタリだから、他には思いつかなかったんだ」と述べた。BAYCと初めてコラボしたKimberley Chenもオファーを受け取り、喜びで興奮し、すぐに承諾した。「本当にこの曲が大好きです。なかなか掴みきれない部分がある曲だけど、10年前の私なら多分歌えなかったかもしれない。メタバースのシンガーと初めて一緒に仕事をできるなんて、カッコイイと思う」と語った。

「実はこの日の収録では、あらかじめ細かな設定やプランがなかったし、全てが予想不可能でサプライズ満点でした。歌詞を読む必要がないほど曲を知っているから、10数分ぐらいで収録は完了!」とレコーディングも順調だったことをアピールした。また、ボーカルのみならず、今作のミュージックビデオにもBAYC の妻「Ape Wife」として出演したKimberley ChenはMedicine Man & A-POPとの共演で、観客にサプライズを起こす。

世界初の「メタバースネイティブ」音楽レーベル 0x0の所属アーティストには「Medicine Man」の他、RTFKTが制作したクローン化した人間をテーマにしたNFTプロジェクト「CLONE X」、最近人気爆発中のアニメ系男性5人組「Azuki」、元祖エイリアンサイバーパンクバンド「VOID」など、これからの活躍が期待されるアーティスト。 “NFTはただのJPG画像 ”という誤解を解くべく、アーティストをブランドのイメージキャラクターとして起用したり、関連グッズの販売、メタバースでライブの開催を計画するなど、新しいタイプの音楽ビジネスを創り出す。