5月15日、横浜ランドマークホールにて、青山吉能の26歳の誕生日を祝うイベント『青山吉能Birthday Live「鉄は熱いうちに打て」』が開催。1部、2部公演の中から、2部公演のレポートが到着した。

日曜日、多くの人で賑わう横浜のランドマークホール。さらに昨年12月振りとなる久しぶりの彼女ワンマンイベント開催ということで会場には多数のファンが詰めかけた。

3月にメジャー1st配信シングルをリリースし、再スタートを切った彼女の初イベントは始まる前から観客の期待感や高揚感で会場が包まれていた。

『青山吉能Birthday Live「鉄は熱いうちに打て」』2部公演

『青山吉能Birthday Live「鉄は熱いうちに打て」』2部公演

会場が暗転し真っ白なスカートが印象的な衣装で登場した青山はステージセンターに配置された椅子へ腰をかける。1曲目はAimerのカヴァー曲「六等星の夜」、そして22/7の楽曲「君はMOON」という2曲カヴァーでスタートした2部公演。本家をリスペクトしつつも彼女らしい表現で一気に青山吉能のステージングを見せつける。そして、先日リリースしたばかりのオリジナルソング「Page」のアコースティックバージョンを立て続けに披露。しっとりとそれでいて軽快に歌う姿は普段の青山のキャラクターとはまた違ったステージでの一面に、彼女のポテンシャルの高さもうかがえるオープニングとなった。

『青山吉能Birthday Live「鉄は熱いうちに打て」』2部公演

『青山吉能Birthday Live「鉄は熱いうちに打て」』2部公演

MCでは「セットリストを考える上でルーツを大切にしています。青山吉能が青山吉能たる所以を曲に乗せて歌います!」と観客に投げかけ、Wake Up,Girls!七瀬佳乃のCV曲「Dice of Life」「青い月のシャングリラ」「ステラ・ドライブ」、『プラオレ!〜SMILE PRINCESS~』から「be Cute!」、TVアニメ『恋愛暴君』EDテーマ「「スキ」を教えてください」などファンにはお馴染みの、待ち望んでいたであろう楽曲も飛び出し、1部公演とは違ったライブメインの2部ならではの楽曲に会場のファンは歓喜に湧いていた。声は出せなくとも、その表情やサイリウムを振る姿からは楽しんでいる雰囲気を大いに感じられた。そんな中、ステージ上ではサプライズでバースデーケーキがプレゼントされる一幕も。驚いた(フリ)の彼女の姿にも“らしさ”が垣間見え、貴重な時間となった。

『青山吉能Birthday Live「鉄は熱いうちに打て」』2部公演

『青山吉能Birthday Live「鉄は熱いうちに打て」』2部公演

『青山吉能Birthday Live「鉄は熱いうちに打て」』2部公演

『青山吉能Birthday Live「鉄は熱いうちに打て」』2部公演

さらに、事前にファンからリクエストを募っていたコーナーでは、JUDY AND MARYの往年の名曲「そばかす」をダイナミックに歌いあげ、大いに盛り上げる。ライブ終盤には自身の曲「わたしの樹」、「Page」を先ほどとは違ったアレンジで歌い、ENの「解放区」で締めくくり、26歳のバースデーイベントは大盛況で幕を下ろした。

なお、ステージ上では、青山が夏に新曲をリリースすることを発表している。