Aile The Shota(アイルザショウタ)が、2nd EPを7月6日(水)にリリースする。本日・5月17日(火)そのEPの収録楽曲が発表された。 

KNOTTプロデュースの、疾走感溢れる重厚なビートとエモーショナルでキャッチーなメロディで、iTunes R&B/ソウルチャート1位のほか、各配信サイトや歌詞サイトで上位にランクインを果たした楽曲「IMA」(5月11日リリース)。そしてデビュー作「AURORA TOKIO」にもSax、Fluteで参加したKenTが所属する、ミュージシャン、フォトグラファー、ペインター等が集うアーティストコレクティブ・Soulflexから、多彩な音楽性を特色とするプロデューサーMori Zentaroと、ヒップホップアーティストMa-Nuを招いて制作された心地良いグルーヴのダンスチューン「so so good feat. Ma-Nu」。新進気鋭のラッパーからYouTuberにアニメ主題歌までプロデュースを手掛け、Z世代から支持を得るmaeshima soshiプロデュースのノスタルジックでメロディアスなR&Bトラックに、ネット発の次世代シンガーソングライター春野をフィーチャリングに迎えた「常懐 feat. 春野」。Chilly Source所属のビート・メイカー、illmoreのLo-fiなトラックに合わせ、Aile The Shotaの浮遊感漂うフローで包み込む「夢宙」の4曲を収録。 

1月26日にリリースされた1st EP『AINNOCENCE』は、ミディアムスローでチルアウトな楽曲で構成されていたが、今作はAile The Shotaの新しい一面を感じることができる4トラックとなっているとのこと。 

また今作は、配信と合わせて、TOWER RECORDS、Aile The Shota fanclub、BMSG運営ファンコミュニティ「B-TOWN」限定でCDも発売(枚数限定)される。なお、EPのタイトルは後日発表となる。