2022年8月に、『シュレック・ザ・ミュージカル』トライアウト公演を東京建物 Brillia HALLにて行うことが決定した。また、上演に伴い、出演するすべてのキャストをオーディションで選出することが発表された。

『シュレック』は、2001年に『マダガスカル』『カンフー・パンダ』など数多くの子供向けアニメ映画を手掛けてきた、ドリームワークスが制作したアドベンチャーコメディ映画。史上初のアカデミー長編アニメ映画賞を受賞し大ヒット、日本では浜田雅功(シュレック役)と藤原紀香(フィオナ姫役)の吹き替えでも話題となった。

「仲間との絆」や「真実の愛」、「困難に立ち向かう」という普遍的テーマをジョークやパロディ満載で描いた『シュレック』は子供だけでなく、大人も夢中にし、公開から20年経った今でも色あせない世界中で愛される名作アニメーション映画でもある。

そんな映画『シュレック』を元に2008年にブロードウェイにてミュージカル化され、大好評を博したミュージカル版が、日本初上陸する。

本公演の翻訳・訳詞を担うのは、オックスフォード大学数学科卒業後、ギルドホール音楽院にて作曲を学び2002〜2008年まで劇団四季に所属。退団後は作曲家・音楽監督として全国のテーマパークショーやミュージカルの作編曲を手がけ、幅広い年代を楽しませてきた小島良太。演出・振付を務めるのは、2004年神戸大学院在学中に劇団四季オーディションに合格し、『ライオンキング』『美女と野獣』などに出演。さまざまなジャンルの総合演出・振付を行い、華やかな舞台を魅せてきた実績を持つ岸本功喜。
脚本・演出を岸本、作曲・音楽監督を小島でミュージカル『ズボン船長』、『魔女の宅急便』、『オリヴァー・ツイスト』、『犬との約束』などを手掛けた盤石のタッグがブロードウェイの名作の日本版に挑む。

そして、今回のトライアウト公演の上演に伴い、舞台を彩るメインキャスト・アンサンブルキャストを選出するオーディションの開催が決定。「全キャストオーディション」というまたとない機会。本公演に興味のある方は応募してみてよう。

【あらすじ】
物語の主人公は、人里離れた森の沼のほとりに住む、怪物シュレック。彼にまつわる恐ろしい伝説とは裏腹に、気ままな生活を送っていました。
そんなある日、領主によって国を追放されたおとぎ話の住人たちが、シュレックの住む森に押し寄せてきます。静かな生活を取り戻したいシュレックは、追放令を取り消すよう領主・ファークアード卿に交渉。真の王になるためにプリンセスとの結婚を目論んでいたファークアード卿は、「自分の代わりにドラゴンと戦って囚われの姫・フィオナを救い出せ」という交換条件を出します。
仕方なくシュレックは、お調子者の喋るロバ・ドンキーを道連れに、沼を取り戻すため冒険の旅に出たのですが……

プロデューサー 清水麻利子(フジテレビジョン) コメント

手がけてきた作品:ミュージカル『魔女の宅急便』、『音楽活劇 SHIRANAMI』、ミュージカル『ハウ・トゥー・サクシ―ド』、『音楽劇 GREAT PRETENDER』など

この度、『シュレック・ザ・ミュージカル』を上演できる機会に恵まれました。
『シュレック・ザ・ミュージカル』は、トニー賞に8部門ノミネートされるなど、ブロードウェイでもヒットしたコメディミュージカル作品です。観劇した誰もが笑えてハッピーな気持ちになれるので、閉塞感を感じやすい今の時代に上演するにふさわしい作品だと思っております。
シュレックは、登場するキャスト全てが、非常にキャラクターがはっきりした作品であるため、実力のある方を純粋にキャスティングできると考えオールオーディションの形をとる事に致しました。
初上演作品になりますので、稽古場で色々と試行錯誤していただくこともあると思います。この機会にぜひ、新しい作品を作るために協力していただける才能あふれる新しい方々と出会いたいと思っております。事務所に所属していなくても、ミュージカル俳優を目指している方もエントリーしていただけます。ぜひ、多くの方にオーディションに参加して頂けたら幸いです。
そして、オーディションに参加されない方にも、この夏は、ぜひ『シュレック・ザ・ミュージカル』を夏休みの予定に加えてくださるとありがたいです。劇場でお待ちしています。

※なお、今回上演するのは、ブロードウェイで上演された作品の短縮バージョン(TYAバージョン)で、トライアウト公演という形態になりますが、近い将来、フルバージョンでの上演も予定しております。

演出・振付:岸本功喜(アークスインターナショナル) コメント

10年ほど前に、ロンドンの劇場でこの『シュレック・ザ・ミュージカル』を観たときの高揚感を今でも鮮明に覚えています。
新しくオーディションで集まったキャストと共に、子どもから大人まで幅広い世代が楽しめるこの作品をアニメの世界を飛び越えライブエンターテインメントならではの演出方法で皆さまに届けられること、私自身もこのチャレンジングな機会にワクワクしております。
せっかくの夏休み、ご家族やお友達、お一人様でもぜひ劇場に遊びに来て頂き、シュレックと共に大冒険に出発しましょう!

翻訳・訳詞:小島良太(アークスインターナショナル) コメント

ドイツ語”Schreck"(おそれ)を語源として生みだされたシュレックというキャラクター。
人に怖れられ、人を怖れる繊細な怪物がもつ人間味は誰しも共感するものがあると思います。
学生の頃に慣れ親しんだ街ロンドンに戻り、お腹をかかえて笑いながらこの作品を観劇したのは遡ること10年ほど前。その時にはまさか自分の翻訳でこのショーを日本で上演することになるとは夢にも思っておりませんでした。
愛すべきキャラクターたちが活躍するこの作品。楽曲も軽快でミュージカルバージョンならではの楽しみがたくさんあります。お子様のミュージカルデビューに、夏を笑い飛ばしたい大人の方の清涼なエンターテインメントに。まだまだ周りに「おそれ」がある今の時代だからこそ、是非この夏、『シュレック・ザ・ミュージカル』を観て笑顔になりましょう!