DEAN FUJIOKAが自身主演の⽇本テレビ×Hulu共同製作ドラマ『パンドラの果実〜科学犯罪捜査ファイル〜』(毎週土曜よる22:00〜O.A)の主題歌「Apple」を含むシングルを7月13日にリリースすることが発表された。

新曲「Apple」はドラマの主題歌として書き下ろしされたもので、科学が発達するが故に生まれる光と闇を表現し、「パンドラの箱」になぞらえるように、「天使」と「悪魔」を両立させたスリリングな楽曲となっている。

CDは4形態でリリース。初回限定盤Blu-ray&DVDには、2021年に開催された全国18都市20公演に及ぶ全国ツアー『Musical Transmute Tour 2021』東京公演を完全収録。「Runaway」「Shelly」「Searching For The Ghost」「Echo」などのタイアップ曲に加え、ファッションブランド「COACH」のグローバル・キャンペーンソングになった「Spin The Planet」など全22曲が収録されている。ツアータイトル『Musical Transmute』の名の通り、ミュージカルや歌劇のような演出で、これまでとは全く違う新たな体験型エンターテインメントとして観客を魅了したDEANならではのパフォーマンスが詰め込まれた内容となっている。

また、今回副音声にてDEAN FUJIOKA、バンドメンバーでシンクマスター/マニュピレーター・木内、舞台演出・当銀の3人で全国ツアーを振り返るオーディオコメンタリーも収録。通常盤には「Apple」MUSIC VIDEOとそのメイキングが収録される。

さらに今回、CDと林檎型のオイルランプをセットにしたグッズ付き数量限定盤も発売。グッズには『DEAN』と『Apple』を掛け合わせた『#deanapple』の刻印がされている。このセットは、実際の林檎が出荷されるようにBOX仕様での販売となる。詳しくはHPやSNSをチェックしよう。

また、5月27日(金)には、CDリリースに先駆けて「Apple」(Pandora Ver.)が先行配信される。

DEAN FUJIOKA 主題歌コメント

科学の進歩により、想像できるような未来は、全て現実となってしまうような時代。科学が発達するが故に生まれる光と闇を表現したのが、主題歌「Apple」です。新しい技術や発明は、人を助けることも出来れば、新たな犯罪が生まれる可能性もある。しかし、その技術を使用したことに対して、法律が制定されていなかったら、それは悪となるのか。例えば、ISP細胞によって身体のパーツごと、次々に新しくしたり、多額の資金をもとに寿命に抗うように臓器を買い続け、身を滅ぼしながらも不老不死を手に入れられるようなことが起きたら・・・人類にとって科学は「災い」なのか。それとも「希望」なのか。その境界線はグレーで曖昧なことが多岐に渡ると思います。諸説ある「パンドラの箱」になぞらえるように、「天使」と「悪魔」を両立させた、スリリングな楽曲を書き下ろしました。是非、聴いてみてください。

「Apple」初回限定盤ジャケット

「Apple」初回限定盤ジャケット

「Apple」通常盤ジャケット

「Apple」通常盤ジャケット