7月22日(金)〜9月4日(日)の期間、大阪南港ATCホールにてシリーズ累計発行部数90万部を超える図鑑『わけあって絶滅しました。』の初の大型展覧会が開催される。

「ステラーカイギュウ」 『わけあって絶滅しました。』(R)/(c)サトウマサノリ

「ステラーカイギュウ」 『わけあって絶滅しました。』(R)/(c)サトウマサノリ

同展では、シリーズの顔である「やさしすぎて絶滅」してしまったステラーカイギュウや、大型肉食恐竜の代表格であるティラノサウルスの全身骨格(レプリカ)といった絶滅動物の骨格標本や化石を展示する。そのほか体を動かしたり、化石に触れることができる体験コーナーなど、絶滅理由を見て、遊んで、学べるという。

サトウマサノリ著、今泉忠明・丸山貴史監修  『わけあって絶滅したけど、すごいんです。』 ダイヤモンド社刊

サトウマサノリ著、今泉忠明・丸山貴史監修 『わけあって絶滅したけど、すごいんです。』 ダイヤモンド社刊

限定メガテリウム(グッズ付きチケット限定、色違い) (c)海洋堂 ※実際の商品とイメージが異なる場合あり。

限定メガテリウム(グッズ付きチケット限定、色違い) (c)海洋堂 ※実際の商品とイメージが異なる場合あり。

シリーズ最新刊絵本と、海洋堂の限定フィギュア付きチケットは、数量限定かつイープラスのみで発売中。