ASIAN KUNG-FU GENERATIONが、9月30日(金)から3週限定全国ロードショー、またディズニープラス見放題独占配信される、アニメ『四畳半タイムマシンブルース』の主題歌を担当することが決定した。

『四畳半タイムマシンブルース』は、フジテレビ「ノイタミナ」にてTVアニメ化された「四畳半神話大系」と、実写映画化もされた上田誠による戯曲「サマータイムマシン・ブルース」が融合した、森見登美彦による小説。発売約1ヶ月で10万部を超えるベストセラーとなった本小説のアニメ化の主題歌として、アジカンの新曲「出町柳パラレルユニバース」が決定。キャラクター原案は、アジカンのジャケット・イラストでお馴染みの中村佑介が担当している。

アジカンは、過去にも森見登美彦原作であるTVアニメ「四畳半神話大系」、劇場アニメ『夜は短し歩けよ乙女』で主題歌を担当。同グループの後藤正文(vo&g)は、『中村佑介がキャラクターデザインを手がける森見作品に再度参加できたことを光栄に思います。「迷子犬と雨のビート」「荒野を歩け」とのつながりも考えつつ、僕たちが過ごした青春時代と、作品のなかの彼らの青春が並行に隔たったままどこかでつながりを持つような、そんな世界線を想像しながら曲を書きました。』とコメントしている。

公開されているアニメの主題歌ver.特報には、アジカンが本作のために書き下ろした主題歌「出町柳パラレルユニバース」が使用されている。