2022年7月23日(土)〜7月31日(日)シアター1010にて、舞台『佐々木と宮野』の上演が決定した。

2016年より「ジーンピクシブ」にて連載中の春園ショウ・原作の『佐々木と宮野』。シリーズ累計発行部数は140万部を超える男子高校生の日常を描いたボーイズライフ作品である本作は、2022年にTVアニメ化、アニメキャストにより朗読劇化されたが、このたびタイトル初となる舞台化となる。

舞台化はTVアニメ『佐々木と宮野』のラジオ番組「ささみゃーラジオ」スペシャル特番で生発表され、出演キャストやキービジュアルの他、詳細な公演日程、キャラクタービジュアル、さらには原作者の春園ショウ先生より寄せられたコメントや舞台化記念書き下ろしイラストまでもが一気に解禁された。

佐々木秀鳴役を演じるのは舞台『東京リベンジャーズ』シリーズの半間修二や舞台『紅葉鬼』シリーズなど幅広い作品に出演してきた菊池修司。
宮野由美役には『家庭教師ヒットマンREBORN! the STAGE』の沢田綱吉や『あんさんぶるスターズ!THE STAGE』の明星スバルを演じている竹中凌平がキャスティングされた。

その他の登場人物では、宮野の所属する風紀委員の先輩で、佐々木の友人でもある平野大河役に「MANKAI  STAGE 『A3!』」シリーズに出演している上田堪大、同じく佐々木の友人で“腐女子”の彼女がいる小笠原次郎役には『僕のヒーローアカデミア』The “Ultra” Stageに出演した川隅美慎、佐々木のクラスメイトの半澤雅人役にはミュージカル『薄桜鬼 真改』で沖田総司を演じた北村健人が演じる。
また、宮野の友人で、自他ともに認める彼女厨・暮沢丞を「2.5次元ダンスライブシリーズ」に出演中の阿部快征が演じ、同じく宮野のクラスメイトで、明るい性格の田代権三郎役には、舞台『刀剣乱舞』シリーズに出演した伊崎龍次郎らが名を連ねた。

公式HPでは先行受付も開始され、本公演の生配信も実施が決定。配信日などの詳細は続報を待とう。

脚本・演出:伊勢直弘コメント

大きな事件というよりも、小さな発見の積み重ねで紡がれてゆく物語。具体的な言葉が見つからないけど、なんだかふわっと胸がすく思いで原作ストーリーに没頭しました。作品が持つ、柔らかい色合いのような空気感を舞台で描くことは、自分にとっては新しい挑戦。光栄で楽しみです。キャラクターの眼前に広がる景色の色合いと心の機微、丁寧に描いていこうと思います。

原作者:春園ショウ先生よりコメント

『佐々木と宮野』舞台化です!!!すごい…!ありがとうございます!!

まさか舞台化までしていただけるとは…!想像出来た方いらっしゃいますか?私は全く想像していませんでした。

初めてお話をいただいたとき、『佐々木と宮野』は2.5次元舞台という媒体で映える作品になれるのか、私の中にイメージが浮かびませんでした。手とか鞄とか小さい動作が多めで、大きな身体的動きもあまりないので、あの大きな舞台をどう満たせるのだろうかと。

しかし、ドラマCD、朗読劇、TVアニメと、自分では想像できなかったほど素晴らしい数々のメディアミックスを行っていただいた作者は味を占めていたので、きっと舞台で映えると思って声をかけてくれたんだろう、嬉しいなぁ、今回も楽しみだなぁとわくわくと作り上げられていく様子を拝見しつつ日々を過ごしています。

舞台ならではの表現で創られる、私が知らなかったささみゃーたちを観たい!ささみゃーたちのことは全部逃さず観たい。できることなら生の舞台を拝見したい。一つとして同じ作品にならない、生で作り上げられる一度きりの濃密な舞台芸術、その『佐々木と宮野』を堪能したい。

今までメディアミックスを楽しんでくださった、作品のファンのみなさま。今回も今までのメディアミックス同様、作者は上がってくる成果物にオタク全開で楽しめています。監修とはいえ、こんなにいっぱい見せていただいていいんでしょうか。ありがとうございます。

2.5次元舞台のファンのみなさま、みなさまのおかげで『佐々木と宮野』も新しい機会をいただくことができました。ありがとうございます!

色々とお邪魔させていただいて、たくさん舞台のことを教えていただき、改めてプロの偉大さを実感している日々です。スタッフのみなさま、キャストのみなさま、『佐々木と宮野』がお世話になります。どうぞよろしくお願いいたします。

このキャラの髪の毛の色はこのくらいの色味でとか、この人が笑うときは手で口元隠す感じでとか、アホ毛の具合とかほくろの位置とか、服の色味とか、細かく確認してくださり、現実に出現してくるみんなにひたすら「やばい…居る…」と思っていました。ありがとう、ありがとう。身長差、最高。

公演本番で、ファンのみなさまと一緒に観客のひとりとして楽しむことができれば、とても嬉しいです。

楽しみだー!

菊池修司 コメント

佐々木秀鳴/菊池修司 (C)舞台「佐々木と宮野」製作委員会

佐々木秀鳴/菊池修司 (C)舞台「佐々木と宮野」製作委員会

この度、佐々木秀鳴を演じさせて頂きます、菊池修司と申します。原作を読ませて頂き、カッコよくて、愛のある、宮野に一途な佐々木先輩を演じるのが、とても楽しみです。2人から出る空気感やほのぼのとした世界観が、舞台になってどう表現されるのか、皆様にどう届けられるのか、すごくワクワクしています。

宮野役の凌平くんと共に、楽しみにしてくださってる皆様に、心から良かった。と思ってもらえるような、舞台「佐々木と宮野」をお届けできるよう頑張ります。是非、劇場で皆さまのご来場をお待ちしております。

竹中凌平 コメント

宮野由美/竹中凌平 (C)舞台「佐々木と宮野」製作委員会

宮野由美/竹中凌平 (C)舞台「佐々木と宮野」製作委員会

この度、舞台「佐々木と宮野」に宮野由美役で出演させていただきます。竹中凌平です。

みゃーちゃんは、僕の持っていない価値観を持っている方です。自分の価値観を広げながら、魅力的なみゃーちゃんを演じたいと思います。そして個人的にツボなのが、佐々木先輩とみゃーちゃんの心理描写です。舞台化するにあたり、そういった場面がどう表現されるのか、一ファンとしてとても楽しみにしています。

上田堪大 コメント

平野大河/上田堪大  (C)舞台「佐々木と宮野」製作委員会

平野大河/上田堪大  (C)舞台「佐々木と宮野」製作委員会

平野大河役を演じさせていただきます上田堪大です。

僕は「佐々木と宮野」のような世界観に触れる機会が今まであまりなく、原作を読み、アニメを見て、とても新鮮に感じ、キュンキュンしていました。舞台でどのように描かれていくのかを楽しみにしていただけると幸いです。面倒見の良い平野として、佐々木と宮野を支えていけたらと思います。

川隅美慎 コメント

小笠原次郎/川隅美慎 (C)舞台「佐々木と宮野」製作委員会

小笠原次郎/川隅美慎 (C)舞台「佐々木と宮野」製作委員会

小笠原次郎役の川隅美慎です。学園もので制服を着たのは久しぶりなような気がしています。作品を楽しみにさせる撮影でございました。きっと、あーもうっ!となることがたくさんあると思います。そんな甘酸っぱい時間をぜひ楽しんでいただけたらと思います。とても一途だけど、振り回されている小笠原次郎を楽しみにしていてください。劇場でお待ちしております!

北村健人 コメント

半澤雅人/北村健人 (C)舞台「佐々木と宮野」製作委員会

半澤雅人/北村健人 (C)舞台「佐々木と宮野」製作委員会

この度は、舞台「佐々木と宮野」にて半澤雅人役を演じさせていただくことになりました。とても綺麗な世界で、丁寧に描かれたキャラクターたちの心情を、舞台でもこだわりを持ってお届け出来たらと思っています。皆様ぜひ、劇場でお逢いしましょう!

PS. 原作がどこも売り切れていて、全巻集めるのが大変でした!

阿部快征 コメント

暮沢 丞/阿部快征 (C)舞台「佐々木と宮野」製作委員会

暮沢 丞/阿部快征 (C)舞台「佐々木と宮野」製作委員会

この度、舞台「佐々木と宮野」に暮沢 丞役で参加させて頂きます阿部快征です。こんなにも大勢の方から愛されている作品に出演できることをとても嬉しく思います。舞台「佐々木と宮野」も皆様に愛されるように頑張りますので応援宜しくお願い致します。

伊崎龍次郎 コメント

田代権三郎/伊崎龍次郎 (C)舞台「佐々木と宮野」製作委員会

田代権三郎/伊崎龍次郎 (C)舞台「佐々木と宮野」製作委員会

舞台『佐々木と宮野』で田代 権三郎を演じさせていただきます伊崎 龍次郎です。高校生活のキラキラが詰まった日々を生きられるのかと思うと今からワクワクしてなりません。佐々木と宮野の少しずつ関係が動いていく物語に田代という明るさを添えられるように頑張ります。淡い青春物語を劇場で見届けて下さい。