『ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡—市民が創った珠玉のコレクション』が、2022年6月29日(水)から9月26日(月)まで、国立新美術館(東京・六本木)にて開催される。

本展は、ドイツ・ケルン市にあるルートヴィヒ美術館のコレクションの代表的な作品を、寄贈に関わったコレクターたちに焦点を当てて紹介する展覧会。館名に名を冠するルートヴィヒ夫妻が寄贈した、ヨーロッパ随一の優れたポップ・アートのコレクションやロシア・アヴァンギャルドの貴重な作品群に、ピカソやドイツ近代美術の名品など、20世紀初頭から現代までの多様な表現で美術史をたどる、珠玉の作品152点が来日する。

本展のオフィシャルサポーターを務めるのは、モデルのトラウデン直美。トラウデンは、会場で貸し出しされる音声ガイドも担当する。

トラウデン直美 コメント

展覧会のオフィシャルサポーターをさせていただくのは初めてなので、すごく嬉しいです!
初めて務めさせていただくのが、父の出身地であるドイツ・ケルンのルートヴィヒ美術館展であることにもご縁を感じます。
もちろん音声ガイドをさせていただくのも初めてなのですが、うまくできているか少しドキドキです(笑)。
みなさんが展示を心ゆくまでゆっくり楽しめるよう、心地よく入ってくるような音声ガイドになるようがんばります。
わたし自身も今回アートに触れ、好きな作品やアートの魅力をたくさん発見したいと思います!

『ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡—市民が創った珠玉のコレクション』

『ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡—市民が創った珠玉のコレクション』

ルートヴィヒ美術館は、ドイツ第4の都市であるケルン市が運営する、20世紀から現代までの美術作品を収集、紹介する美術館。同館のポップ・アートのコレクションはヨーロッパで最大とも言われており、表現主義や新即物主義などのドイツ近代美術とその同時代のロシア・アヴァンギャルド、世界で3本の指に入るピカソのコレクションや、写真史を網羅する質量ともに優れた写真コレクション、そして世界各地の現代美術の収集により、国際的にも高く評価されている。

本展では、美術館の名前に冠されたコレクター、ペーター・ルートヴィヒをアンディ・ウォーホルが描いた《ペーター・ルートヴィヒの肖像》、ジャスパー・ジョーンズが数字をモチーフに1950年代に描いた作品《0-9》、ロイ・リキテンスタインが機関銃の発砲した瞬間を描いた《タッカ、タッカ》などが登場。ほかにも、世界で3本の指に入るピカソのコレクションから《アーティチョークを持つ女》など8点の出展が予定されているほか、ロシア・アヴァンギャルドの代表的画家カジミール・マレーヴィチ、シュルレアリスムの先駆者マックス・エルンスト、戦後ドイツ美術に重要な足跡を残したヨーゼフ・ボイス、マルティン・キッペンベルガーなどの作品を展示する予定だ。

また、会場限定の展覧会オリジナルグッズの一部も先行公開された。ドイツを代表する筆記具メーカー・LAMY(ラミー)とコラボレーションしたボールペン “サファリ” や、ROOTOTE(ルートート)とコラボレーションしたトートバッグ、ほかにもお菓子缶やマグカップなど、ここでしか手に入らない商品が並ぶという。

SAFARI/LAMYコラボ ボールペン “サファリ” 各3,300円(税込)/会場限定

SAFARI/LAMYコラボ ボールペン “サファリ” 各3,300円(税込)/会場限定

TUBE/ROOTOTEコラボ トートバッグ 3,600円(税込)/会場限定

TUBE/ROOTOTEコラボ トートバッグ 3,600円(税込)/会場限定

SWEETS CAN/お菓子缶 大 各2,700円(税込)、 小 各990円(税込)/会場限定

SWEETS CAN/お菓子缶 大 各2,700円(税込)、 小 各990円(税込)/会場限定

LOGOMAG/ラウンドリップマグ 各1,800円(税込)/会場限定

LOGOMAG/ラウンドリップマグ 各1,800円(税込)/会場限定

ARTSOCKS/アートソックス 各2,490円(税込)/会場限定

ARTSOCKS/アートソックス 各2,490円(税込)/会場限定

『ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡—市民が創った珠玉のコレクション』は、2022年6月29日(水)から9月26日(月)まで、国立新美術館にて開催。その後、10月14日(金)より京都国立近代美術館へと巡回予定。