舞台『ひりひりとひとり』が2022年6月10日(金)からよみうり大手町ホールで開幕する。
 
ミュージカル『Color of Life』(作・演出)、舞台『BACKBEAT』(翻訳・演出)、舞台『キオスク』(演出)、ミュージカル『マタ・ハリ』(翻訳・演出)、ミュージカル『フィスト・オブ・ノーススター〜北斗の拳〜』(演出)など、多数の作品を熱量高く世に送り出してきた石丸さち子。本作は、石丸が作・演出をする舞台演劇作品を、東映プロデュースにて実施するという企画「S-IST Stage(エスイストステージ)」の中で作られた。
 
初日を前にした6月9日(木)、ゲネプロ(総通し舞台稽古)が行われ、キャストらのコメントも発表された。 

『ひりひりとひとり』のゲネプロの様子

『ひりひりとひとり』のゲネプロの様子

ーー初日を迎える今の心境は?
 
石丸さち子(作・演出):2020年、緊急事態宣言下で公演中止になった作品が、こうして今初日を迎えようとしていることに、感謝でいっぱいです。一緒に企画を立ち上げ、東映のプロデューサーとご縁をつないでくれた鈴木勝吾さんに。渾身で物語を立ち上げてくれる俳優たちに。この物語に感動したと、作品を支えてくれるクリエイターたちに。作・演出家としては、はじめてお客様の前で作品が息をする瞬間を前に、大きな緊張感を覚えていますが、ともに作った仲間を信じて、その時を迎えようと思います。
 
鈴木勝吾(工藤春男役):オリジナル作品を観劇してもらう、というハードルの高さを感じています。その中でも、この作品を届けることができるのが単純に嬉しいですし、誉れです。モノを創り届ける、高揚を頼りに仲間を信じて創ってきました。どのように皆様の目に写るのか今から楽しみでなりません。
 
梅津瑞樹(ぴーちゃん役):波間を揺蕩うような、落ち着いた心持ちです。稽古場で積み重ねてきたことが、劇場でどのように受け取ってもらえるのかが楽しみで仕方ありません。そういえば、以前よみうり大手町ホールで上演した違う作品の折もそのようなことを考えながら小屋入りしたのをふと思い出しました。
牧浦乙葵(りぼん役):ただただドキドキしています。稽古に参加した初日、もう既に半分出来上がった『ひりひりとひとり』の世界を見ました。美しい音と生きたお芝居が私を『ひりひりとひとり』の世界に引きずり込みました。そこにりぼんとして入ってもがいた稽古期間。劇場入りして、音と光が合わさって、劇場にお客さんが来てくれて、感じてもらってやっと完成。思いの強い作品だからこそ緊張しますが、楽しみです。