7月29・30・31日に新潟県湯沢町苗場スキー場で開催される『FUJI ROCK FESTIVAL'22』(以下、フジロック)に出演する新たなアーティストがオフィシャルサイトにて発表された。

今回発表されたのは、『フジロック』場内最大のホスピタリティエリア・OASISにある「苗場食堂」に隣接したステージに出演する18組だ。

7月29日金曜日の出演者は、ブルースやソウルに根ざしたロックンロールを歩み続ける「三宅伸治&The Red Rocks」、2017年のROOKIE A GO-GOに出演し、日本人で唯一『プリマベーラ2022』に出演した「おとぼけビ〜バ〜」、インテリジェンス溢れるソングライトが光る石若駿率いる「SMTK」。

7月30日土曜日には、役目を終えた家電を新たな電子楽器へと蘇生させて演奏する集団「和田永 ELECTRONICOS FANTASTICOS!」、yonawoボーカルの「荒谷翔大」。

7月31日の日曜日には、2016年から2019年までの連続出演を誇る「トミー富岡」、Tempalay・小原綾斗とPERIMETRON・佐々木集率いる「小原綾斗とフランチャイズオーナー」、5人組ミクスチャーファンクバンド「BREIMEN」、若手注目株の「NIKO NIKO TAN TAN」「Cody・Lee(李)」「PENTHOUSE」が出演。

そして、池畑潤二率いる「苗場音楽突撃隊」は7月29・30日の2日間にわたって登場する。

おとぼけビ〜バ〜

おとぼけビ〜バ〜

和田永 ELECTRONICOS FANTASTICOS!

和田永 ELECTRONICOS FANTASTICOS!

Cody・Lee(李)

Cody・Lee(李)

苗場音楽突撃隊

苗場音楽突撃隊

■7/29(金)
VAMPIRE WEEKEND
BONOBO / YOASOBI
DAWES / HIATUS KAIYOTE / JONAS BLUE / SYD
AWICH / D.A.N. / DOPING PANDA / THE HU / JPEGMAFIA / KIKAGAKU MOYO
木村充揮 ロックンロールバンド / Michael Kaneko
Night Tempo / No Buses / THE NOVEMBERS / 踊ってばかりの国  
OGRE YOU ASSHOLE / Original Love  
SKYE(鈴木茂・小原礼・林立夫・松任谷正隆) / SPECIAL OTHERS / WONK

■7/30(土)
JACK WHITE
FOALS / Cornelius
ARLO PARKS / BLACK PUMAS / DINOSAUR JR.
TOKYO SKA PARADISE ORCHESTRA
BLOODYWOOD / CreativeDrugStore / どんぐりず / The fin. / Fire EX.
GLIM SPANKY / GRAPEVINE / 石橋英子 / KYOTO JAZZ SEXTET feat.森山威男 
中納良恵 / ORANGE RANGE / 折坂悠太(重奏)/ パソコン音楽クラブ / 崎山蒼志
SAY SUE ME / SHERBETS / SNAIL MAIL / T字路s / toconoma

■7/31(日)
HALSEY
MURA MASA / TOM MISCH
ハナレグミ / MOGWAI / PUNPEE / ずっと真夜中でいいのに。
ALTIN GÜN / BLACK COUNTRY, NEW ROAD / Elephant Gym 
Fake Creators (LITE, DÉ DÉ MOUSE) / go!go!vanillas / 石崎ひゅーい
JAPANESE BREAKFAST / 奇妙礼太郎 / Kroi / マカロニえんぴつ / 中村佳穂 
七尾旅人 / Nariaki Obukuro / 思い出野郎Aチーム 
ROUTE 17 Rock'n'Roll ORCHESTRA(feat. UA、中納良恵、トータス松本)
角野隼斗 / SUPERORGANISM / TAKKYU ISHINO

【苗場食堂】
7/29(金)
苗場音楽突撃隊 / 三宅伸治&The Red Rocks / SMTK / KTYM / 浅草ジンタ / おとぼけビ〜バ〜
7/30(土)
苗場音楽突撃隊 / CPL♾P / 清水タケオと南国気分 / 荒谷翔大/與那覇有羽 / 和田永 /ELECTRONICOS FANTASTICOS! / 八木海莉
7/31(日)
Cody・Lee(李) / BREIMEN / 小原綾斗とフランチャイズオーナー / NIKO NIKO TAN TAN / PENTHOUSE / トミー富岡

and more artists to be announced

<チケット:先行販売まもなく終了>

チケットは先行販売中。一般発売価格より最大3,000円もリーズナブルに購入できる。先行販売期間は、6月16日23時までと残りわずか。各受付とも規定枚数に達した場合は販売終了となるので準備はお早めに。また、新型コロナウイルス感染防止対策におけるルール変更などがあるので、オフィシャルサイトの「感染防止対策のガイドライン」や「各種注意事項」をよく確認してから購入しよう。

 

今回発表された「苗場食堂ステージ」の魅力は、アーティストとオーディエンスがより近くで感じ合えるその小さな規模感にある。『フジロック』の最大飲食スペースであるOASISに鳴り響く音はこのステージから聞こえてくることが多く、しっとりとジャジーな雰囲気で満たされる時間もあれば、アコギ一本で勝負しているシンガーがいたりと変幻自在で、祭りの雰囲気を盛り上げるのに一役も二役も買っている。さらに、大物アーティストが飛び入り参加することもしばしばあるので、つい先ほどまで3万人を収容するステージで歌っていたアーティストが、すぐ目の前の、手の届きそうな距離に現れるというエキサイティングなシーンに立ち合うこともできてしまう。今年もきっと、美味しいフェスごはんに舌鼓を打っている間さえも存分に楽しませてくれるだろう。なお、今年はアルコール販売も再開となり、BAR店舗も出店が決まる中、OASISは朝5:00まで営業することが決定している。

文=早乙女‘dorami’ゆうこ