7月16日(土)〜9月25日(日)の期間、神戸市立博物館にて『スコットランド国立美術館 THE GREATS 美の巨匠たち』が開催される。SPICEでも内覧会レポートを公開している東京会場を経て、同展が神戸にやってくる。

スコットランド国立美術館外観

スコットランド国立美術館外観

スコットランド国立美術館は、上質で幅広い、世界でも指折りの西洋絵画コレクションを有する。1859年の開館以来、購入や地元名士たちの寄贈や寄託などによってコレクションの拡充を続け、世界最高峰の美術館の一つとなった。

同展では、そのようなスコットランドが誇る至宝の中から、ラファエロ、エル・グレコ、ベラスケス、レンブラント、ブーシェ、スーラ、ルノワールなど、ルネサンス期から19世紀後半までの西洋絵画史を彩る巨匠たちの作品を展示する。同館を特徴づけるゲインズバラ、レノルズ、ターナー、ミレイといったイングランド出身の画家の作品も来日。日本ではなかなか観ることのできないレイバーン、ラムジー、グラントなどスコットランド出身の代表的な画家たちの作品も多数出品される。油彩画、水彩画、素描約90点を通じ、西洋美術の流れとともに、ヨーロッパ大陸と英国との文化交流から、英国美術がはぐくまれた様子を紹介する。

プロローグ スコットランド国立美術館

アーサー・エルウェル・モファット「スコットランド国立美術館の内部」1885年 水彩、白の不透明水彩・紙 88.5×64.4cm (c) Trustees of the National Galleries of Scotland

アーサー・エルウェル・モファット「スコットランド国立美術館の内部」1885年 水彩、白の不透明水彩・紙 88.5×64.4cm (c) Trustees of the National Galleries of Scotland

ヨーロッパで最も壮大な景観をもつ首都の一つであり、その街並みが世界遺産に登録されたエディンバラの中心部に位置するスコットランド国立美術館。ここでは、新古典主義の様式で建てられた美術館の素晴らしい建物とそれを取り巻くエディンバラの街並みを描いた絵画や、館内の様子を描いた貴重な作品が紹介される。

展示作品:「アメリカ側から見たナイアガラの滝​」

フレデリック・エドウィン・チャーチ「アメリカ側から見たナイアガラの滝」1867年 油彩・カンヴァス 257.5×227.3cm (c)  Trustees of the National Galleries of Scotland

フレデリック・エドウィン・チャーチ「アメリカ側から見たナイアガラの滝」1867年 油彩・カンヴァス 257.5×227.3cm (c) Trustees of the National Galleries of Scotland

アメリカの風景画家チャーチが描いたセンセーショナルな「アメリカ側から見たナイアガラの滝」は、ヨーロッパのコレクションにあるこの画家の作品中、唯一の大作。ヨーロッパで学び、各地を旅行していたチャーチ。記念碑的なアメリカ絵画は、同展を貫く「自然を革新的な方法で見つめる」というテーマを、新たに魅力的で国際的な方向へと導いている。この作品はスコットランドのつつましい家庭に生まれ、アメリカに渡って財を成した実業家が、母国への感謝の気持ちを込めてスコットランド国立美術館に寄贈した。