東京・国立劇場の7月歌舞伎鑑賞教室と、大阪・国立文楽劇場の7・8月夏休み文楽特別公演にて『紅葉狩』が上演されることに合わせて、PCブラウザ&スマホアプリゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-(とうけんらんぶおんらいん)』とのコラボレーションが実施されることが決定した。

『紅葉狩』は、歌舞伎や文楽で馴染みの作品。戸隠山へ紅葉狩りに訪れた平維茂(たいらのこれもち)が、美しい更科姫(さらしなひめ)に出会い、勧められるまま酒を飲むと、やがて姫が鬼女の正体をあらわし、維茂は名剣小烏丸(こがらすまる)によって難を逃れる……という内容だ。平維茂が所持し、鬼女との戦いで大活躍する刀が「小烏丸」であることから、この度『刀剣乱舞-ONLINE-』の「刀剣男士 小烏丸」とのコラボレーションが実現した。

国立劇場・国立文楽劇場それぞれで、コラボポスター広告の掲出(各劇場周辺エリアにて随時)やコラボリーフレットの進呈(7月歌舞伎鑑賞教室、夏休み文楽特別公演第3部にご来場の方限定)、写真撮影可能な「刀剣男士 小烏丸」の等身大パネルの設置(両劇場ロビー)、また、国立文楽劇場では、文楽人形遣いと文楽を支えるかしら・床山・衣裳・小道具の各担当職員が製作した「刀剣男士 小烏丸」文楽人形の製作・展示、さらに今回のコラボを記念して、令和3年4月文楽公演『小鍛冶』でのコラボレーションで製作・展示され話題となった「刀剣男士 小狐丸」の文楽人形が再展示される(公演に『刀剣乱舞-ONLINE-』キャラクターが登場する演出はなし)。

詳細は、公式サイトを確認してほしい。