XIIX(読み:テントゥエンティ)が、コラボレーションデジタルシングルを2ヶ月連続で配信リリースすることが決定した。

第1弾コラボレーションシングル「まばたきの途中」は女優の橋本愛を迎え、7月に配信リリースを予定している。なお、橋本愛は7月20日(水)22時から放送される日本テレビ系連続ドラマ『家庭教師のトラコ』への主演が決まっている。

第2弾コラボレーションシングル「スプレー」には、SKY-HIと谷中敦(東京スカパラダイスオーケストラ)を迎え、リリックでSKY-HIが参加、プレイヤーとして谷中敦がバリトンサックスで参加し、アッパーでありながら大人で上品なノリの良い楽曲に仕上がっているとのこと。

斎藤は、SKY-HIとは2018年にSKY-HIがリリースした「Diverʼs High」にて、谷中敦とは2017年に東京スカパラダイスオーケストラがリリースした「白と黒のモントゥーノ」でコラボしている。今作ではがむしゃらに突っ走ってきたこれまでの人生の中、ふと立ち止まったときに、これからも長い人生をどう生きていくか、リアルな想いを歌っているという。今作は、8月に配信リリースを予定している。

XIIX(斎藤宏介)コメント

「斎藤と須藤が音を出せば XIIX の音楽になる」という確信を得た今、また次のステージへ進もうと思います。
実は XIIX 結成当初から、好きな人とコラボレーション曲を作ってみたいという思いがありました。
音楽ばかりやっている自分にとってはそれが何よりのコミュニケーションだからです。
橋本愛さんとは元々面識はなかったのですが、「まばたきの途中」の1番が完成したときに「これはいい曲になりそうだ」という予感とともに何故か頭の中に橋本さんの歌がぐるぐると巡りました。
今回初めて一緒にレコーディングをさせてもらいましたが、橋本さんは表現することに気持ちが良いくらい真剣で、その純度の高さには嫉妬も覚えるほどでした。
SKY-HIとは高校の1つ違いの先輩後輩という宝物のような腐れ縁の仲です。
愛情深く、好奇心旺盛で、賢く従順、活発なところなど、SKY-HIの好きなところをネットで検索したらダルメシアンの性格と一致していました。
谷中さんは紛れもなくコラボの楽しさを教えてくれた張本人です。
先を走る先輩としていつも優しく、かっこよく、そして何をしていても音楽家でいてくれるのは僕にとっての大切な道標です。
今回はこの尊敬する三人を招いて楽しむと悩むを交互に繰り返しながら曲を作りました。
XIIX だけでは辿り着けなかっただろうし、同時にXIIXでなければ辿り着けなかった曲だと思います。
この奇跡のような巡り合わせを楽しんでもらえたら嬉しいです。

さらに、10月にはバンド編成でのライブツアーが決定。名古屋からツアースタートし、仙台、大阪、広島、福岡と回り、ツアーファイナルはXIIXの日でもある10月 20日(木)LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)にて開催される。チケット情報の詳細は後日発表されるとのこと。