東京スカパラダイスオーケストラが、新たに迎えるゲストボーカルが幾田りらであることを発表した。

楽曲タイトルは「Free Free Free  feat.幾田りら」で、7月27日にCDシングルとしてリリースされる。作曲はスカパラNARGO(Trumpet)、作詞はスカパラ谷中敦(Baritone sax)が担当。今回のコラボに関して谷中は「幾田りらさんの時代の声とも言うべき歌唱に、純粋に音楽的な刺激を沢山受けました。」とコメントし、ゲストボーカルとして迎え入れられた幾田りらは「東京スカパラダイスオーケストラの皆さんの放つ、輝かしく大人なグルーヴの中で、心のままに歌わせていただきました。」とコメントしている。

さらに、パープルの衣装に身を包み、柔らかな表情で立ち並ぶスカパラメンバーのセンターでバルーンを手にした幾田りらが凛々しく立つ姿が印象的な最新ビジュアルも同時に公開された。スカパラと幾田りら。予想だにしなかったこの2組のコラボからいったいどんな楽曲が生みだされたのか。

なお、CDシングルは「CD+Blu-ray盤」、「CD ONLY盤」の2形態でリリースされ、CD収録曲はタイトル曲の「Free Free Free  feat.幾田りら」とそのインストゥルメンタルのほか、スカパラが新たに始動させたプロジェクト“VS.シリーズ”(ヴァーサス・シリーズ)の第1弾でコラボしたALIと『VIVA LA ROCK 2022』のステージでライブ初披露した「サボタージュ (VS. ALI)」のライブ音源、及び、現在開催中のスカパラの全国ツアー『BEST OF LUCK』からメドレー音源が収録される。Blu-rayには、「Free Free Free  feat.幾田りら」のMVのほか、音源のライブ映像が収録される。各店舗ごとの購入者特典も公開されたので、リリースされる2形態のうち自分の好みに合うものを気になる店舗でチェックしてみよう。

コメント

谷中敦(東京スカパラダイスオーケストラ)

幾田りらさんの時代の声とも言うべき歌唱に、純粋に音楽的な刺激を沢山受けました。天真爛漫かつ品性溢れる彼女はとにかく魅力的でした。リハーサルで間近で御一緒させて頂いて非常に驚いたのは、彼女が渾身の力で歌ってくれたことです。自分はあの正確無比なヴォーカルは小さな声で丹念に紡ぎ上げられていると勝手に勘違いしていたのです。その驚きを胸に歌詞の最後の仕上げをさせて頂きました。テーマは『希求』です。本当の自分は「何に興味を持っていたのか」を忘れるほどに、情報豊かな時代の中で、我々の脳は情報を精査するためにどんどん分析的に発達していく一方です。だからこそ直感的に好きになったり、直感的な驚きを以て幸せを享受することを大切にしたいと自分は考えます。長く続いたコロナ禍の世界からの脱却を、ずっと我慢してきた幸せを一気に取り返すように、心弾ませて、みんな一緒に未来へ向かっていきたいです。『希求』はみんなの無意識の中にあります。

『何故かみんなが明日が来ると信じてること自体が希望なんだ』(歌詞抜粋)

この大変な世の中で、お互いを信じて生きることを大切にしていけたら、と願ってやみません。

幾田りら

「Free Free Free」を初めて聴かせていただいた時、大きな花火が打ち上がった時のような豪快さと、それでいて胸にすっと降りてくる心地の良い音作りに、心も身体も痺れまくりだったのを覚えています。東京スカパラダイスオーケストラの皆さんの放つ、輝かしく大人なグルーヴの中で、心のままに歌わせていただきました。その他にも新たな挑戦が沢山詰まったコラボになっています。是非隅々まで、楽しんでいただきたいです!