『プロ野球フレッシュオールスターゲーム2022』が7月23日(土)、長崎県営野球場で開催される。

今大会には読売ジャイアンツから横川凱投手、山瀬慎之助捕手、秋広優人内野手の3選手が選出された。

横川は今シーズン、支配下復帰を果たし、二軍では15登板、4勝0敗、防御率2.14という成績を残している。当日はウエスタン・リーグの強打者を抑える投球に期待したい。

「出場が決まり大変光栄に思います。ウエスタン・リーグの選手との対戦はシーズン中になかなか出来ないことですので、ワクワクしていますし、とても楽しみにしています。素晴らしい選手たちの中で、自分にプラスになることがたくさんあると思います。それをしっかりと吸収していきたいと思います」(横川)

山瀬慎之助捕手

山瀬慎之助捕手

山瀬は今シーズン、初の開幕一軍を掴むと、その後は一軍初出場や初スタメン、初ヒットなど初ものづくしのシーズンをおくっている。二軍では26試合、68打数、19安打、1本塁打、8打点、打率2割7分9厘という成績を残している。

「出場することになり、大変うれしく思います。自分の持ち味の長打力、肩力、瞬発力をファンの方々にお見せできればと思います。ファンの方々を魅了できるように頑張りますので、ぜひ長崎にお越しください」(山瀬)

秋広優人内野手

秋広優人内野手

秋広は今シーズンから松井秀喜氏などがつけていた背番号55を背負って戦っている。二軍では60試合、187打数、49安打、2本塁打、14打点、打率2割6分2厘という成績を残している。

「選出していただきとても光栄に思います。ウエスタン・リーグの素晴らしい投手と対戦ができるということで、とても楽しみです。これから一軍で活躍するためにも自分のプラスになる場だと思いますので、しっかりと目と肌で感じ、吸収してきます」(秋広)