3年ぶりに開催が決定した関西最大級の無料ローカルフェス『GREENJAM’22』の第1弾出演者が解禁された。

出演は、真心ブラザーズ、TENDOUJI、betcover!!、nayutaの4組。例年、兵庫・伊丹市昆陽池(こやいけ)公園にて開催されていたが、今年は大阪府 池田市猪名川運動公園に場所を移し、9月18日(日)・19日(月・祝)と2日間に渡り開催される。

日割りは追加出演者と合わせて後日発表になる。例年入場規制のかかる『GREENJAM』だが、ソーシャルスペースの確保と密集回避を目的に、LIVEエリアへの入場は事前抽選申し込み制となる。申し込み方法は追加出演者や日割りと合わせて8月中旬の発表を予定している。

また、今年は「GREENJAM」と「ライブナタリー」がタッグを組み、開催をさらに盛り上げる“後夜祭“を9月20日(火)に大阪・BIGCATにて開催。後夜祭の出演は、場所を問わず聴き手の人生へと踏み込むMCとアコースティックギターの2人組・MOROHA、レゲエやロックをベースにさまざまなレベルミュージックを取り入れたサウンドが魅力の犬式 INUSHIKI、類稀なメロディセンスと90'sオルタナ直系の爆発力あるサウンドが持ち味のTENDOUJIという個性豊かな3組が決定。さらに地元枠として、多様な音楽と人を1つに結びつけて魅了するONEDERをオープニングアクトに迎える。野外イベントである本祭『GREENJAM』とは異なる、ライブハウスならではの環境で音楽を楽しもう。

本日・7月26日(火)から8月9日(火)23:59まで、ローソンチケットにて『GREENJAM’22 後夜祭 byライブナタリー』の最速先行受付(抽選)を行う。後夜祭チケットのほか、最速先行のみGREENJAM’22 day1 LIVEエリア入場券付きチケットとGREENJAM’22 day2 LIVEエリア入場券付きチケットの販売も行われる。