2022年8月20日(土)・21日(日)、香川県・国営讃岐まんのう公園にて『MONSTER baSH 2022』が開催される。今年で23年目を迎えるMONSTER baSH(モンスターバッシュ)は中四国最大級の野外ロックフェス。2020年、2021年は中止となったため、2022年は3年ぶりの開催に向けて準備が進んでいる。
フェスのプロデューサーである株式会社デュークの定家崇嗣氏へのインタビュー取材が実現。直前の中止となりクラウドファンディングで多数の支援が集まった昨年の振り返りから、今年の開催に向けた思い、そして地元のお祭りとして根付いていくことを目指す未来の展望まで、話を伺った。


――MONSTER baSHは今年8月20、21日に3年ぶりの開催に向けて準備が進んでいます。まずはこれまでを振り返っていただけますでしょうか。

2020年は3月からコンサート自体がほぼない状況に陥ってしまって。僕たちイベンターだけでなく、アーティストも、ステージを作るスタッフも、全員の仕事が一気になくなってしまったところからのスタートでした。正直、2020年のMONSTER baSHに関しては、打つ手もなく、アーティストも稼働していなかったので、今年は無理だろうと、右も左もわからないまま中止してしまった形でした。ただ、8月の2日間を年間行事に組み込んでくださっている方がたくさんいらっしゃるので、何もしないのはちょっと違うだろうと思ったので『モンバス!オンライン』として1日限りの配信フェスをやらせてもらいました。

――2021年はどういう状況でしたか?

その後2020年の秋口から半分の集客ではありながら少しずつコンサートが復活してきて、その頃から2021年にはどうにかモンバスを開催しようとブッキングや会場の手配を進めていきました。いろんなところと協議を重ねて進めていく中で「これは開催できそうだ」という手応えがあって。2020年にごめんなさいをしたアーティストが沢山いたので、なるべく2021年に出てもらいたいという強い気持ちもあって、8月21、22、28日の2週間にわたる3日間開催にしていたんです。ただ、8月に入って感染者が増えてきて、次第に香川県さんや会場のまんのう公園や弊社デュークに「こんなタイミングで他県からも沢山の人を呼ぶイベントをやるべきではない」という電話がかなりかかってくるようになりました。それでも僕たちとしては来てくれるアーティストとお客さん、そして従事するスタッフみんなの生活もかかっているわけですし、なんとか国や地方自治体が定めたガイドラインをきちんと守って開催するという方向で直前まで進めていたんですが、開催4日前の8月17日に香川県から「今回の日程での開催をやめてください」という要請のお手紙をいただきました。やるのであれば、まん延防止エリアと緊急事態宣言エリアからの客を香川県に入れないというのが県からの要望でした。正直なところそれは不可能ですし、県の要望はこれ以上守れないというところで中止を決断しました。僕はプロデューサーとして“夏祭り”というコンセプトを目指しているんですけど、徳島の阿波おどりとか高知のよさこい祭りとか、モンバスの前にある全国的にも有名なお祭も中止になっていて。そういったことも重なり、地元の方の意見も含めて判断した結果、2021年は中止という形にさせていただきました。

■クラウドファンディングをやってみて、ロックフェスの未来をファンが救ってくれたと思いました

――中止後にはクラウドファンディングを立ち上げていましたが、そのいきさつは?

実は、モンバスが一番中止の判断に時間がかかってしまったんです。他のフェスは開催のひと月前とか、準備に入る前のタイミングで中止を発表していたんですけれど、自分たちはずっとやる気だったので4日前になってしまいました。2週間連続でやる大型のフェスを4日前に中止すると何が起こるかというと、まず用意した数万人のお客さんのためのグッズがまんのう公園にたまってしまうんですね。1週目でさばくはずのもので一杯になってしまって2週目の分を送れないということになってしまった。「それが残念です」という話をしていたら、沢山の方から「クラウドファンディングをやってみたらどうですか」と言っていただいた。調べてみると、これはなんとか前を向けるような材料だとも思いましたし、来れなかったお客さんからもメッセージやお手紙をいただいていましたので、「よし、やってみよう」と思って、すぐにクラウドファンディングを立ち上げました。「来年以降のモンバスを守るためにみなさん助けてください」というコンセプトで始めたら、当初の目標の1千万円を数時間で達成して、結果的には4千720万円の支援金が集まった。CAMPFIREというクラウドファンディングサイトで「CAMPFIREクラウドファンディングアワード2021 中国・四国エリア賞」をいただいたり、「開催直前で中止になったロックフェスの未来をファンが救った」という言葉でポスターにしていただいたりして。それは大きな糧になりました。

――フェスが応援されているのを実感した、と。

そうですね。単に支援金が集まったというより、僕ら社員やスタッフが勇気をもらえたこと、「来年こそは頑張らなきゃな」という気持ちになれたということが、とても大きかったです。なにしろ「フェスを開催するな」という電話がたびたびかかってきてスタッフが疲弊していたこともあって。中止を迫る声に埋もれていたけれど、「応援してます」という声がこんなにも沢山あったんだということを実感しましたし、2022年こそは絶対にやらなきゃという気持ちにもなりました。僕たち主催者や携わっているスタッフも含めて、本当にロックフェスの未来をファンが救ってくれたと思います。今後MONSTER baSHが何年も続いていく上で、とても大事な糧になりました。

――おそらくクラウドファンディングの結果は、毎年来ていたオーディエンスにとってフェスというものが単にアーティストのライブを観に行くためのものではなく、その場所自体に価値を感じるし、それが失われるのは嫌だという思いを持っていたということが大きいと思います。これはモンバスがずっと積み重ねてきたことが大きいと思うんですが、その実感はありましたか?

そうですね。地方のフェスですけれど、今年で23年目を迎えるフェスなので「昔行ってました」とか「今年はできなくて残念です、頑張ってください」という声も多かった。長い時間をかけて地方に根付いていったんだなという実感もありました。

――クラウドファンディングのページではアーティストからのメッセージも沢山ありました。アーティストからも愛される場になっていたと思いますが、そのあたりはどうでしたか。

きっと、クラウドファンディングをやるにあたってメッセージを出しにくいっていう人もいると思うんですけど、ほんとに沢山のアーティストからメッセージをいただきました。自分たちで言うのもなんですけど、モンバスを本当に応援してくれているんだな、愛してくれているんだなっていうのを、こちらも実感しました。