2年ぶりに思いっきり外で遊べる夏が戻ってきた! 関西に来てほしいし、何より関西にいたままこの夏を目一杯楽しんで欲しいから、8月に開催されるフェスやイベント、展覧会などを終了日が早い順に並べて紹介する。リンク先は各イベントの詳細記事に繋がっているので、気になるイベントがあればクリックを!

<目次>
◇イベント◇
◇フェス◇
◇展覧会◇

◇イベント◇

●『リラックマ&すみっコぐらしフェスティバル』@兵庫

『リラックマ&すみっコぐらしフェスティバル』 撮影=ハヤシマコ

『リラックマ&すみっコぐらしフェスティバル』 撮影=ハヤシマコ

会期:7月2日(土)〜8月8日(月)
会場:神戸サンボーホール
概要:誰もが一度は触れたことのある愛らしいキャラクターを生み出し続けるサンエックス。同展では、同社の大人気キャラ「リラックマ」と「すみっコぐらし」(以下、合わせて「リラすみ」)が夢のコラボレーションを実現! 2020年9月の愛知での開催を皮切りに全国8都市を巡り、ここ神戸がフィナーレの地となる。

内覧会レポート:ぬい撮りしながら癒やされる『リラックマ&すみっコぐらしフェスティバル』へ潜入

●『ホラーハウス in 心斎橋PARCO 心斎橋ゾンビパニック〜ゾンビだらけのサマーフェア〜』@大阪

板東さえか 撮影=ハヤシマコ

板東さえか 撮影=ハヤシマコ

会期:7月16日(土)〜8月21日(日)
会場:心斎橋PARCO 14F PARCO GALLERY
概要:日本を代表するお化け屋敷プロデューサー五味弘文が手掛ける、真夏の期間限定ホラーイベント。五味はこれまで100本以上も制作されてきたお化け屋敷のスペシャリスト! そんな恐ろしいイベントに、ホラー大好きなFM802DJの板東さえかが挑戦!

挑戦レポート:ホラー大好きDJ板東さえか、お化け屋敷のスペシャリストが手がける『心斎橋ゾンビパニック』をいざ体験!

●『NAKED夏まつり2022 世界遺産・二条城』@京都

会期:7月22日(金)〜8月21日(日)
会場:元離宮二条城
概要:二条城に、縁日屋台や打ち上げ花火がネイキッドのデジタルアートで出現。二条城の歴史ある景観とアップデートされたお祭りが融合し、さらにはメタバースでのバーチャル盆踊りなど、これまでにない二条城を体感できる。大人も子どもも一緒に楽しめるハイパーな夏まつりを楽しもう!

昨年のレポート:『二条城×ネイキッド 二条城夏まつり2021〜ネイキッド万華鏡花火〜』、夜の二条城で打ち上げられる「祈り」のマッピング花火を堪能

●『アベンジャーズ展』@京都

『アベンジャーズ展』 (東京) 撮影=SPICE編集部  (C) 2022 MARVEL;Cityneon

『アベンジャーズ展』 (東京) 撮影=SPICE編集部 (C) 2022 MARVEL;Cityneon

会期:7月8日(金)〜8月26日(金)
会場:京都市京セラ美術館 新館 東山キューブ
概要:「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」映画の世界観が楽しめる没入型展覧会。2014年7月にニューヨークでの開催を皮切りに、パリやロンドン、ラスベガスなど世界24都市(12か国・地域)、そして東京を巡回してようやく京都に上陸。マーベル作品解説はこちらからチェック→前半、後半

内覧会レポート(東京):『アベンジャーズ展』の見どころを紹介 さまざまなトレーニングに参加し、エージェントを目指す!

●『わけあって絶滅しました。展』@大阪

海洋堂にたった3人、フィギュア塗装の匠が語る『わけあって絶滅しました。展』 撮影=黒田奈保子

海洋堂にたった3人、フィギュア塗装の匠が語る『わけあって絶滅しました。展』 撮影=黒田奈保子

会期:7月22日(金)〜9月4日(日) 
会場:大阪南港ATCホール (大阪市住之江区南港北2丁目1-10)
概要:シリーズ累計90万部突破の大人気図鑑『わけあって絶滅しました。』(丸山貴史 著)が、初の大型展覧会で登場! 絶滅生物の貴重な化石や標本が展示されるほか、アンモナイト掘り体験や、生き残った貴重な動物の生態展示も展開。「無敵すぎて絶滅」、「アゴが重すぎて絶滅」など、まさかの理由で滅んだ生き物たちについて学べる。

内覧会レポート:生き物大好き小学生が行ってみたーー化石や標本に触れ、ロボットやVRで体感する、大はしゃぎな1日
インタビュー(フィギュア塗装師):海洋堂のフィギュア塗装の匠が語る『わけあって絶滅しました。展』ーートイカプセルや展示物の原型製作、塗装の裏側とは
インタビュー(著者):【子ども向け解説あり】夏休みの自由研究にもオススメの『わけあって絶滅しました。』展、著者の丸山貴史が語る絶滅動物から学ぶものとは

◇フェス◇

●『SUMMER SONIC 2022』@大阪

『SUMMER SONIC 2022』

『SUMMER SONIC 2022』

日程:8月20日(土)、21日(日)
会場:大阪 舞洲SONIC PARK(舞洲スポーツアイランド)
概要:国内外のアーティストが集結する音楽フェス。3年ぶりの開催となる今回は、早々にチケットがソールドアウトに。オーディション企画「出れんの!?サマソニ!?」も復活し、最終選考を勝ち抜いた6組も発表されている。

●『ナノボロ2022』@京都

『ナノボロ2022』タイムテーブル

『ナノボロ2022』タイムテーブル

日程:8月20日(土)、21日(日)
会場:京都KBSホール
概要:10月のボロフェスタ本編に先駆けて、毎年夏の終わりに開催される。2007年よりスタート、地元関西のアーティストを主にブッキングし、京都livehouse nanoを中心に会場を複数使用する、小型のサーキット・フェス。2020年より新型コロナウイルス感染拡大予防のため、会場を京都KBSホールヘ移し、屋内の音楽フェスとして開催。

●『ふるまいキャンプ』@兵庫

日程:8月20日(土)、21日(日)
会場:三田アスレチック
概要:「夏をふるまう=アスレチック+プール+音楽+キャンプ」をテーマにした音楽フェス。アスレチックし放題、プール入り放題! 関西在住ミュージシャン達のグッドミュージックをキャンプBGMにできる。「今夜もふるまいタイム」YouTubeチャンネルにて配信してきたアーティスト達が2日間出演する。

●『HELLO NEW FRIENDS!』@兵庫

日程:8月20日(土)、21日(日)
会場:FBI淡路
概要:「HELLO NEW DAY!」のテーマをそのままに少しだけ規模を小さく、ぎゅっとしたプレパーティーとして誕生した『HELLO NEW FRIENDS!』。久しぶりの開催となる今年は『HNF!』初となるFBI淡路にて開催決定。

●『笑顔道 presents FREEDOM 青空 2022 淡路島』@兵庫

日程:8月21日(日)
会場:淡路島・国営明石海峡公園芝生広場
概要:FREEDOMを牽引してきたシンガーソングライターMINMIの20周年を記念して5年振りに開催。MINMIのほか、世代やジャンルを超えて集ったアーティストたちが出演する。「自然・音楽・仲間」をコンセプトに、他にはない最高のロケーションを活かし、さまざまなコンテンツを展開する。

●【NEW!】『RUSH BALL 2022』@大阪

『RUSH BALL 2022』出演者

『RUSH BALL 2022』出演者

日程:8月27日(土)、28日(日)
会場:泉大津フェニックス
概要:関西夏の風物詩、『RUSH BALL』。毎年SPICEではバンドごとのライブレポートを掲載。今年も掲載予定なのでお見逃しなく!

【NEW!】オフィシャルレポート一覧

●『ONE MUSIC CAMP 2022』@兵庫

『ONE MUSIC CAMP 2022』出演者

『ONE MUSIC CAMP 2022』出演者

日程:8月27日(土)、28日(日)
会場:兵庫県三田アスレチック野外ステージ 
概要:「みんなであそぶフェス」をコンセプトに、森の中にあるプールやアスレチックを備えたキャンプ場で開催されるキャンプイン野外音楽フェスティバル。大自然の中でリラックスしたキャンプ、ファミリーや友たち同士で楽しめるプールにBBQはもちろん、フードやショップ、アウトドアレジャーにワークショップなどで遊ぶことができる。2019年に開催10周年を迎えた同フェス、3年ぶりに開催!

◇展覧会◇

●『「みみをすますように 酒井駒子」展』​@兵庫

会期:7月9日(土)〜8月28日(日)
会場:兵庫県立美術館ギャラリー棟3階
概要:『よるくま』や『金曜日の砂糖ちゃん』(いずれも偕成社)などで知られ、まさに今最も人気のある絵本作家のひとりである酒井駒子。デビューから最新作まで、20冊以上の絵本を中心に、約250点もの原画を厳選して展示! 豊かな色彩、少女や動物たちの繊細な表情を間近に観ることができる。

●『出版120周年 ピーターラビット™展』@大阪

『出版120年 ピーターラビット™ 展』 撮影=ERI KUBOTA

『出版120年 ピーターラビット™ 展』 撮影=ERI KUBOTA

会期:7月2日(土)〜9月4日(日)
会場:あべのハルカス美術館
概要:いたずら好きなピーターラビット™が主人公の絵本『ピーターラビットのおはなし』(フレデリック・ウォーン社)が刊行されてから120周年を記念したバースデイパーティ! 関連アイテムなど約170点が展示されるほか、会場には同展のため特別に、イギリス湖水地方のピーターラビットの世界を体験できるテーマパークが制作した、高さ180cmの特大バースデイケーキも登場する。

内覧会レポート:ハッピーバースデイ、ピーターラビット™ーー日本初公開の絵手紙や原画が揃う『出版120年 ピーターラビット™ 展』で祝祭の夏を

●『ゴールデンカムイ展』@京都​

『ゴールデンカムイ展』 (C)野田サトル/集英社

『ゴールデンカムイ展』 (C)野田サトル/集英社

会期 :7月9日(土)〜 9月11日(日)
会場:京都文化博物館(京都市中京区三条高倉)
概要:漫画『ゴールデンカムイ』(野田サトル、週刊ヤングジャンプ連載中)の冒険、歴史、文化、グルメ、狩猟といった作品の魅力をぎゅぎゅっと凝縮! 120点を超えるイラストのほか、作中に登場した民具などの関連資料をみて金塊争奪戦を発端とした元兵士の杉元佐一やアイヌの少女アシㇼパらの躍動を体感、二人がたどった旅路を追体験しよう。

内覧会レポート(京都):アイヌの民芸品多数、自由研究にも使える『連載完結記念 ゴールデンカムイ展』京都で開催中、もはや作品の世界観にどっぷり浸れる博物館ッ!

●『大地のハンター展 〜陸の上にも4億年〜』@大阪

会期:7月16日(土)〜9月25日(日)
会場:大阪市立自然史博物館ネイチャーホール
概要:動物が生きていくために必要な営みである「捕食(捕らえて食べる)」! 顎や歯、ハンティングテクニックなど、陸に上がって4億年のうちに多様化したハンター(捕食者)の起源と進化を紹介する。生態系におけるハンターの役割と重要性を解き明かし、ハンターが生きる自然の素晴らしさ、そして地球環境のこれからを考えてみよう。

●特別展『ドレスデン国立古典絵画館所蔵 フェルメールと17世紀オランダ絵画展』@大阪

『ドレスデン国立古典絵画館所蔵 フェルメールと17世紀オランダ絵画展』 ヨハネス・フェルメール《窓辺で手紙を読む女》(修復後)1657-59年頃 ドレスデン国立古典絵画館蔵  撮影=Sho Suzuki

『ドレスデン国立古典絵画館所蔵 フェルメールと17世紀オランダ絵画展』 ヨハネス・フェルメール《窓辺で手紙を読む女》(修復後)1657-59年頃 ドレスデン国立古典絵画館蔵  撮影=Sho Suzuki

会期:7月16日(土)〜9月25日(日)
会場:大阪市立美術館
概要:ヨハネス・フェルメール初期の傑作「窓辺で手紙を読む女」が、修復後初めて所蔵館以外で公開! そのほか、レンブラント、ハブリエル・メツー、ヤーコプ・ファン・ライスダールらの作品が絵画60点・版画16点が来日している。8月6日には「肩の凝らない」美術トークの生中継も決定!

展覧会のナビゲーターを務める、小芝風花インタビュー:小芝風花が選ぶ、音声ガイド務めた『フェルメール展』のお気に入りーーいよいよ大阪で「修復後のキューピッド」がお目見え(内覧会レポあり)

●『テオ・ヤンセン展』@大阪

テオ・ヤンセン 撮影=ERI KUBOTA

テオ・ヤンセン 撮影=ERI KUBOTA

会期:7月9日(土)〜9月25日(日)
会場:大阪南港ATC Gallery
概要:物理学者でもあり、「現代のレオナルド・ダ・ヴィンチ」と称されるテオ・ヤンセンが大阪で初めて個展を開催。彼が生み出した、昆虫や動物のような形の巨大な人工生命体「ストランドビースト」が動く! 触れる! 作れる! 体験型の展覧会。展示作品はすべて写真撮影、動画撮影が可能なので自由研究や夏の思い出に。

内覧会レポート:「現代のレオナルド・ダ・ヴィンチ」テオ・ヤンセンが個展に登場、大阪で初めて出会える「風で歩く生命体」に刺激される童心

●『「中村佑介20周年展」 20th Anniversary Yusuke Nakamura Exhibition』@大阪

中村佑介 撮影=高村直希

中村佑介 撮影=高村直希

会期:7月23日(土)〜 9月25日(日)
会場:あべのハルカス24階の大阪芸術大学スカイキャンパス
概要:同大学の卒業生であり、日本のみならず海外でも注目を浴びているイラストレーター中村佑介。小説『謎解きはディナーのあとで』や映画『夜は短し歩けよ乙女』のキャラクターデザインなど、幅広い作品が若い女性を中心に支持されているという。同展覧会では、中村の20年間の「仕事」を一気見できる。対談やサイン会の実施も決定!

中村佑介インタビュー:中村佑介、『謎解きはディナーのあとで』表紙など20年の仕事を振り返る展覧会を機に、職業「イラストレーター」への想いを語る

●【NEW!】大阪中之島美術館開館記念展『みんなのまち 大阪の肖像』第2期@大阪

会期:8月6日(土)〜10月2日(日)
会場:大阪中之島美術館 5階展示室
概要:今年2月に開館した大阪中之島美術館。これを記念して「大阪」をテーマに、明治から現代へと時代の流れとともに変遷してきた、大阪の「肖像(かお)」を2期にわたり紹介! 戦後〜1970年(昭和45)の『日本万国博覧会』、そして現代へと、新しい何かを求め、新しい何かに翻弄されながら、起伏の激しい時代を生きるまちの表情を観ることができる。

イベント情報は随時更新! それぞれチケットはイープラスにて発売中。