ミュージカル『東京ラブストーリー』の製作発表会見が2022年8月2日(火)、東京都内で行われた。

“恋愛の神様”と称される人気漫画家・柴門ふみが1988年に発表した漫画『東京ラブストーリー』は、その後ドラマ化され、日本のみならず、アジアでも爆発的な人気を集めた。原作はバブル時代の東京を舞台としているが、今回のミュージカル版では設定を2018年春から19年春という設定に置き換え、コロナ禍前、希望を持って東京で暮らす完治、リカ、三上、さとみの4人を中心とした恋愛模様を描いていく。

この日は、音楽を手がけるジェイソン・ハウランド、演出の豊田めぐみ、出演する柿澤勇人、笹本玲奈、夢咲ねね、濱田龍臣、唯月ふうか、熊谷彩春、綺咲愛里、高島礼子が登壇(※廣瀬友祐は体調不良、増子敦貴は新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたため欠席だった)。

柿澤勇人

柿澤勇人

会見の冒頭、本作の楽曲5曲が初披露された。
 
地元愛媛の今治から上京してきた、永尾完治、三上健一、関口さとみの3人は、さまざまな人が行き交う東京で生活を送る。「この街で生きる」では、そんな1日の始まりを爽やかなメロディに乗せて歌う。

歌唱披露の様子

歌唱披露の様子

完治は赤名リカと出会い、2人の物語を紡いでいくが、その序章として観客を物語に誘う「願いの星」。カップルとなったリカと完治、さとみと三上だが、リカとさとみがそれぞれ彼と離れ、自分の道に進みだすことを歌った「私らしく」。自由奔放にふるまうリカと、振り回される完治のデュエット曲「この角を曲がれば」。そして、もう我慢するのはやめよう、声をあげよう! と群衆で歌う「声をあげよう」が披露され、会場を盛り上げた。