『木村さ〜〜ん!』#211の配信が8月14日よりGYAO!でスタートした。

『木村さ〜〜ん!』は、木村拓哉がパーソナリティーを務めるTOKYO FM/JFN38局ネット『木村拓哉 Flow supported by GYAO!』と連動したプログラム。リスナーやスタッフからのリクエストに木村が全力で応えていくバラエティー番組だ。

第211回となる今回の番組では、木村拓哉がボクシング世界チャンピオンの井上尚弥と初めて「サシ焼肉」をする姿に密着する。井上は、ボクシングの世界3団体(WBA、WBC、IBF)でバンタム級において日本人で初めて王者になった選手。都内の焼肉店にやってきた木村は、そんな井上がゲストと知るやいなや「ウソだろ!?」「本当!?」「なんでこの番組に来たんですか!?」とビックリ。一方の井上も「こういう収録の中で一番緊張する!」とソワソワ。初対面かつ1対1でいきなりの焼肉ロケで、ふたりは緊張したまま肉を焼き始めることになった。

しかし、タンやクリ(肩肉の一部)、ザブトン(牛の肩ロースの一部)などの肉が運ばれてくると、木村と井上には自然と笑顔が増えていく。ボクシングを題材にしたドラマ『未来への10カウント』(テレビ朝日系、2022年4月期放送)で主演した木村は、3団体統一王者である井上とのトークにハイテンション。「試合までに11キロ体重を落とす」「試合当日に1日で体重を5から6キロ戻す」「ボクシングは減量するスポーツ」といった井上の言葉に終始驚きっぱなし。

緊張がほぐれてきたところで、木村と井上は番組スタッフが用意したお題のカードをもとにトークをすることに。「カラオケでよく歌う曲」というお題では、 ふたりの意外な選曲が明らかになる。なお、#211の配信をもって、『木村さ〜〜ん!』は5年目に突入している。