今年6月20日にSpotify O-EASTで行われたex. D'ESPAIRSRAYのメンバーによるイベント『Luv PARADE主催 「DEVIL'S PARTY 2022」』の舞台で初めてのステージを披露したKaryuのセッションバンド。

ギタリスト・Karyuと共にステージに立ったボーカルのryo(ex. GULLET、9GOATS BLACK OUT)は、現HOLLOWGRAM、DALLEのボーカリスト。そして自由自在に音を操ったのはBUCK-TICKのマニピュレイトを始め、幅広く活動を行っているキーボード、パーカッション&マニピュレーターの横山和俊。ryoと横山はTAGというユニットで2013年から、従来のロックバンドの形にとらわれず、ライブこそ多くはないがその都度2人にとって新しいサウンドを音源として発表してきている。そして、このイベントがキッカケで「H.U.G(ハグ)」という新ユニットが誕生した。

唐突に感じる人もいるかもしれないが、KaryuとryoとはGULLET時代からの知り合い。D'ESPAIRSRAYのデザインや自身のファンクラブK’RONEのデザインもryoに依頼している。横山とはD'ESPAIRSRAY〜Angeloとマニピュレイターとして関わっているので、3人の付き合いはかなり長いのだ。

その気心の知れた3人によって始動したH.U.G。まだ音源としてのリリースの予定は未定だというが、既にデモ音源となっている数曲は、アーティスト、ミュージシャンとしての個性の衝突、鮮やかな色の融合、難しい言葉抜きでカッコいいロックサウンドがそこにあったという。また、同時に生まれてくるワクワク感。作り手である彼らもそれを感じているようで、「まだデモの段階なのですが最高だし、これからが楽しみです」と話しているとのこと。

そして今後について3人はそれぞれ、
「過去の自分を越えて更なる進化をすること」(Karyu)
「自分の信念を殺さず、H.U.Gで新たな自分を獲得する」(ryo)
「才能を遺憾なく発揮し天下を取ること」(横山)
とコメントしている。

音楽で、より多くの人をハグするという意味が込められたこのH.U.G。Karyuセッションバンドとして9月8日に行われるLuv PARADE主催『DEVIL'S PARTY 2022 Vo.2』に出演が決定しているので、3人の新たな創造への第一歩を確認してほしい。