毎週水曜日に更新! 話題の新曲を最速で知れる、Spotifyの人気プレイリスト『New Music Wednesday』を、ナビゲーターの竹内琢也が深掘りするポッドキャスト『New Music Wednesday [Music+Talk Edition]』。SPICEでは、同番組で紹介されている、プレイリストだけでは知ることのできないエピソードや、Spotifyのエディター(プレイリストを構成している人たち)のこだわりをピックアップして掲載。今週は、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの映画主題歌や藤井隆がファミレスとコラボしたアルバム、Spotify注目新人の菅原圭や秋山璃月の新曲、海外からはBLACKPINKとチャーリー・プースなど、新作12曲を紹介! また紹介アーティストが出演するライブやフェス情報も掲載しているので要チェック。番組への感想やリクエストは「#NMWミュージックアンドトーク」をつけてツイートを!

ASIAN KUNG-FU GENERATION「出町柳パラレルユニバース」

ASIAN KUNG-FU GENERATIONが新曲「出町柳パラレルユニバース」をリリースしました。森見登美彦による小説を原作とするアニメ映画『四畳半タイムマシンブルース』の主題歌です。同作は9月30日(金)より3週間限定で全国ロードショー、ディズニープラスでは9月14日(水)より独占配信中で、アニメのキャラクター原案はASIAN KUNG-FU GENERATIONのジャケット・イラストでお馴染みの中村佑介が手がけています。森見登美彦と中村佑介がタッグを組んだ作品では過去に主題歌も担当し、『四畳半神話大系』に「迷子犬と雨のビート」、『夜は短し歩けよ乙女』に「荒野を歩け」を提供しています。SPICEとpodcast番組『speakeasy podcast』との連動企画として実施したインタビューで後藤正文(Vo.Gt)は、過去の2作品と新曲とで繋がりを持たせているとも話していました。

Ryohu「Magic Mirror feat. AAAMYYY, TENDRE」

Ryohuのニューアルバム『Circus』がリリースになりました。RyohuはヒップホップクルーのKANDYTOWNの中心メンバーとしても活躍する東京都出身のラッパー兼トラックメイカー。2022年4月から客演を迎えた楽曲を連続でリリースするコラボレーション企画をスタートし、「One Way feat. YONCE」のリリースタイミングでは『New Music Wednesday』のカバーも飾っていました。アルバムには客演アーティストとしてYONCE、IO、佐藤千亜妃、Jeter、オカモトショウ、AAAMYYY、TENDREが参加、トラックでは冨田ラボ、Shin Sakiuraらが参加。既に配信されているコラボレーション楽曲5曲に、新曲4曲を加えた全9曲が収録されています。『New Music Wednesday』にはAAAMYYYとTENDREが参加した「Magic Mirror」がリストインしています。ヒップホッププレイリスト『+81 Connect』のカバーも飾りました。

TAIKING「BET」

TAIKINGのアルバム『TOWNCRAFT』がリリースになりました。TAIKINGはSuchmosのギタリストで、藤井 風やRADWIMPSのワンマンライブでのサポートアクトや、Vaundy作品へのレコーディング参加など幅広く活動し、2021年にシングル「Easy」をリリースしてソロデビューを果たしています。Spotifyでは、アルバムリリースに先駆けて9月7日(水)にリリースされた「Rules feat. 土屋太鳳」がトップクラスに聴かれるなど、先行配信楽曲が『New Music Wednesday』内で多く再生されています。ちなみに、自身の楽曲にフィーチャリングアーティストを起用するのはTAIKINGとしても初の試みとなりました。アルバムには「Easy」、今回リストインしている「BET」など全11曲が収録されています。日本の現行のソウルミュージックを特集するプレイリスト『Soul Music Japan』のカバーも飾っています。

藤井隆「ムーンライトアドバイス」

藤井隆がニューアルバム『Music Restaurant Royal Host』をリリースしました。同作は今年50歳になった藤井隆が、2021年12月に50周年を迎えたファミリーレストランのロイヤルホストとコラボレーションしたアルバムとなります。堀込泰行、冨田謙、KAKKO(鈴木杏樹)、Night Tempo、Aoi Yamazaki、音葉(鈴木京香)、ケンモチヒデフミ(水曜日のカンパネラ)、砂原良徳、東郷清丸、パソコン音楽クラブ、Moe Shop、YOU、LEO今井という豪華なクリエイターが参加。『New Music Wednesday』にリストインした「ムーンライトアドバイス」はケンモチヒデフミが楽曲を制作しています。10月からはアルバムを引っさげてのリリースツアーや、ロイヤルホストでのインストアイベントも開催が予定されています。

Skaai「FLOATING EYES(feat. Daichi Yamamoto)」

ラッパーSkaaiの1stEP「BEANIE」がリリースになりました。Skaaiはアメリカのバージニア州で中国系マレーシア人の父と韓国系の母親の間に生まれた、日本語、英語、韓国語を操るトリリンガルのラッパー。オーディション番組『ラップスタア誕生』で見出され、Red BullやBeats By Dreといった企業のコンテンツにも起用されるなど注目を集めています。今年はBIMとの「FLOOR IS MINE」、yonawoの「tokyo(feat.鈴木真海子、Skaai)」などの楽曲をリリースしています。『New Music Wednesday』にはDaichi Yamamotoを迎えた「FLOATING EYES」がリストインしています。

SANABAGUN.「My Dog is Bad」

SANABAGUN.のニューアルバム『BLOOM』がリリースになりました。2月に新メンバーとしてギターの磯貝一樹が加入し、新体制初のアルバムです。『BLOOM』には文字通り「咲く」という意味が込められていて、ジャケットには月下美人のイラストが使われています。今回プレイリストにリストインしている「My Dog is Bad」や、番組でも以前紹介した「37.5℃」など12曲を収録。9月から12月にかけて、アルバムを携えた3年ぶりとなる全国ライブツアー『SANABAGUN. 2022 Tour "BLOOM"』もスタートする予定です。

BLACKPINK「Shut Down」

BLACKPINKが2ndアルバム『BORN PINK』をリリースしました。スタジオアルバムとしては2020年の1stアルバム『THE ALBUM』以来です。『New Music Friday Japan』でカバーを飾り、圧倒的なパフォーマンスを記録して『New Music Wednesday』にもタイトル曲「Shut Down」がリストインしています。同楽曲はクラシックとヒップホップが交差する構成で、パガニーニの「ラ・カンパネラ」をサンプリングしています。Spotifyでは「Shut Down」がグローバルチャートのトップを記録、その他の7曲も全てグローバルトップ50にランクイン、そのほかアメリカとイギリスを含む世界54ヶ国でアルバムチャート1位を獲得しています。またミュージックビデオは公開されてから約18時間で再生回数が4,400万回を突破し、YouTubeで「24時間以内にもっとも多く見られた動画」となりました。10月15日(土)からは韓国・ソウルを皮切りに超大型ワールドツアーを開始し、北米、欧州、アジア、オセアニアの各国で約150万人の観客と会う予定です。

チャーリー・プース「I Don’t Think That I Like Her」

チャーリー・プースの新曲「I Don’t Think That I Like Her」がリリースになりました。ブリンク182のトラヴィス・バーカーがドラムで参加しています。楽曲はTikTokでリリース前に一部が公開され、24時間以内に450万回以上再生されていました。チャーリー・プースは10月7日(金)にニューアルバム『CHARLIE』リリース予定で、「Light Switch」、「That's Hilarious」、BTSのジョングクとコラボした「Left and Right」、「Smells Like Me」に続く先行配信楽曲となりました。Spotifyではプレイリスト『Hot Hits Japan』のカバーも飾っています。

くるり「八月は僕の名前」

くるりの新曲「八月は僕の名前」がリリースになりました。こちらも『New Music Friday Japan』に続き『New Music Wednesday』にもリストインしています。9月16日(金)から配信がスタートしたAmazon Originalドラマ『モアザンワーズ/More Than Words』の主題歌です。ドラマでは主題歌を4組のアーティストが担当しており、くるりの他にSTUTS、iri、宗藤竜太も参加、くるりはドラマ本編全10話のうち8話〜10話を担当しています。Spotifyでは日本のロックシーンの話題曲を集めたプレイリスト『J-Rock Now』のカバーを飾っています。

Tele「Véranda」

Teleの新曲「Véranda」がリリースになりました。Teleは今年の1月からスタートした谷口喜多朗のプロジェクトで、6月1日(水)にリリースした1stアルバム『NEW BORN GHOST』が話題を呼び、アルバムリリースタイミングでは『New Music Wednesday』のカバーも飾りました。さらに『RUSH BALL 2022』に新人ながら出演するなど注目を集めています。今回リリースになった「Véranda」は『RUSH BALL 2022』で初披露されていました。Spotifyでは日本のシンガーソングライターの楽曲を特集するプレイリスト『ブルーにこんがらがって』のカバーも飾っています。

菅原圭「カーテン」

菅原圭の新曲「カーテン」がリリースになりました。菅原圭はSpotifyが、2022年に躍進を期待するネクストブレイクアーティスト10組『RADAR: Early Noise 2022』にも選出されたアーティストです。リリースの度に『New Music Wednesday』にリストインされ、客演ですがMAISONdesの「Cheers feat. Tani Yuuki, 菅原圭」なども多くの人に聴かれています。同作は何気ない日常を表現した歌詞と、聴く人の琴線に触れるメロディが印象的な新曲。Spotifyではプレイリスト『RADAR:Early Noise』のカバーも飾っています。

秋山璃月「エールを送るよ」

秋山璃月の新曲「エールを送るよ」がリリースになりました。番組ではおなじみになってきましたが秋山璃月は2017年に、10代限定の音楽フェス『未確認フェスティバル』にて当時17歳でグランプリを獲得、2018年と2019年には音楽フェス『New Acoustic Camp』に2年連続で出演、今年は菅原圭と同じく『RADAR: Early Noise 2022』にも選ばれています。7月にリリースされた「ガラスが割れた!!」、8月にリリースされた「向こうから」に比べてより疾走感のある楽曲になっている印象です。

文=竹内琢也、Y.SHOGO

『New Music Wednesday [Music+Talk Edition]』とは……

毎週水曜日に、その週リリースされた注目の新曲を中心に更新される、Spotifyのプレイリスト『New Music Wednesday』をさらに深掘りするSpotify公式ポッドキャスト。この番組をチェックすると話題の新曲をいち早く、そして詳しく知ることができて、今の音楽シーンがまるわかりに。あなたの通勤、通学、スキマ時間に無料で聴くことができるので是非チェックを。また番組では、Spotifyアプリの「Q&A」からメッセージやリクエストも募集中。あなたのオススメ曲や思い出ソングが紹介されるかも!? 番組への感想やリクエストは「#NMWミュージックアンドトーク」をつけてツイートを!

メッセージテーマは
「今週の『New Music Wednesday』でよかった曲を教えて」