2022年12月、 舞台『私立探偵 濱マイク -我が人生最悪の時-』の上演が決定した。
原作は、映画監督林海象による、同名の探偵を主人公とするハードボイルド探偵映画のシリーズ。3部作として1993年から1996年までに、第1弾『 我が人生最悪の時 THE MOST TERRIBLE TIME IN MY LIFE』、第2弾『 遥かな時代の階段を The Stairway to the Distant Past』、完結編『 罠 THE TRAP』が製作・劇場公開された。その後テレビドラマ化され、昨年は朗読劇も上演されるなど、多くの支持を集める作品だ。
映画製作から約30年、テレビドラマ化から20年となる本年。 映画の中で林監督が一番伝えたい「友情」「家族愛」などを、今回“舞台”として蘇らせる。

本作の脚本・演出を担当するのは「AND ENDLESS」の主宰で、観る人の心に刺さる人間描写や、殺陣、ダンスなどを取り入れたパワフルな演出を得意とする西田大輔。
そして主人公・濱マイク役には、昨年の朗読劇でも濱マイク役を務め大好評だった佐藤流司が主演する。
共演には、今作のキーマンとなる楊海平(ヤン・ハイピン)役にストレートプレイからミュージカルまで幅広く活躍する寺西拓人、濱マイクの幼馴染で相棒の星野役をダンス・ロックバンド「DISH//」のメンバーで、朗読劇でも同役を演じた矢部昌暉と舞台のみならずe-sportsでも活躍する宮本弘佑がWキャストで演じる。
さらに楊海平の兄・楊徳健(ヤン・トッケン)役には椎名鯛造が、濱マイクの妹・濱茜役には小泉萌香、楊徳健(ヤン・トッケン)の妻である王百蘭(ワン・バイラン)役には七木奏音、そして中山刑事役として数多くの舞台、映像作品に出演し 西田作品にもゆかりの深い和興が出演する。
今回上演決定にあたり、原作者の林、脚本・演出の西田、そしてキャストを代表して主演の佐藤、共演の寺西からコメントが到着した。

<原作者>林 海象

今回の舞台は、 映画版「濱マイク3部作」の第一話「我が人生最悪の時」である。 この3部作は1993年から1995年に制作された。 全て私と天願大介氏のオリジナル脚本で、 私の監督作品である。 この映画は当時大反響を呼んだ。 しかしそれから29年の歳月が流れた。 まさかこの映画を再び『舞台』で再現したい人が現れるとは思ってもいなかった。 しかし今回有志が現れ、 あの映画を『舞台』で再現したいと言われた。 最初はハテナ(?)だったが、 その熱意は本物で、 舞台化を了承した。 どんな舞台になるか、 私が一番楽しみである。 多くの若者に観てほしい。

<脚本・演出>西田大輔

この度、 舞台「私立探偵 濱マイク -我が人生最悪の時-」の脚本・演出を努めさせて頂きます。あのモノクロの中に渦巻く圧倒的な世界観を、 舞台という世界でどう魅せていくか? 緊張と同時に、 とても心が躍ります。濱マイクの世界観は、 私達に根付くヒロイズムの原点がある気がします。挑戦的に、 そして繊細に、 原作の世界を大切にしながら、 素晴らしい俳優陣と望みたいと思っています。

<濱マイク>佐藤流司

皆様ご無沙汰しております。 佐藤流司です。さて、 昨今は様々なジャンルの「魅力的な男たち」がしのぎを削る、 群雄割拠の時代となっております。ある所には短髪がよく似合う身体の大きな男が。ある所には爽やかな笑顔振りまく男が。中性的な魅力がある男が。世の流れを司る男が。十人十色、 みんな違ってみんな良いわけですが、特に私が憧れ、 目指し続けている男がおります。それは「漢」です。
それは時に不器用だったり、 時にお茶目だったり、 時に落ち込んだりする、一見普通の男に見えたりもしますが、紛れもなく「漢」である。 そんな人間に憧れるわけです。今回演じさせていただく「濱マイク」まさに「漢の中の漢」で御座います。ご期待下さい。

<楊海平(ヤン・ハイピン)>寺西拓人

ヤン・ハイピン役で出演させていただきます、 寺西拓人です。 役名を聞いた時に一瞬焦りましたが、 セリフは日本語のようなので、 とりあえず安心しております。 原作へのリスペクトを持ちつつ、 舞台ならではの表現が出来るよう真摯に取り組みたいと思っております。 個人的には、 初めてご一緒する方が多く、 とても緊張しておりますが、 様々な分野で活躍されている方ばかりですので、 刺激をいただきながら年末まで一緒に突っ走っていけたらと思います。 ぜひ劇場へお越しください!
 

<あらすじ>
「俺の名前は濱マイク、 本名だ。 困った時は、 いつでもきなよ。」
横浜・黄金町。 映画館の 2 階に事務所を構える探偵・濱マイクは、 ケンカから助けた台湾人の楊海平に日本にいる兄の捜索を依頼される。 マイクはタクシー運転手の旧友・星野と共に捜査を進めていくが、 背景にアジア系外国人で構成されている黒狗会と台湾マフィアの抗争があること、 その組員の一人が海平の兄であることが分かる。 師匠の宍戸と妹の茜は深入りしないようマイクに忠告するが…。