2022年10月14日(金)〜10月17日(月)にMixalive TOKYOのTheater Mixaにて、泉鏡花原作の『天守物語』の上演が決定した。これまでさまざまな俳優によって上演されてきた泉鏡花の代表作『天守物語』を、実力派俳優×2.5次元俳優、声優で朗読劇として上演する。
主演の富姫には篠井英介、姫川図書之助・亀姫には荒牧慶彦(14日)、佐藤拓也(15日)、下野紘(16日)、北村諒(17日)が日替わりで出演。 演出は日本舞踊・尾上流家元の尾上菊之丞、 朗読と和楽器アンサンブルの生演奏による朗読劇によって『鏡花ワールドの面白さ』を届ける。
このたび『天守物語』の世界観を表現したキャストビジュアルおよびキャストコメントが到着した。全日夜公演にライブ配信公演の実施も決定しており、配信でも『天守物語』を楽しめる。

出演者コメント

篠井英介

篠井英介

篠井英介

富姫を演じます、 篠井英介です。 泉鏡花原作の大変な名作です。ちょっと難しいと思われるかもしれませんが、 究極の美しい日本語がちりばめられております。とても素敵なファンタジーでもあります。是非そのファンタジーの世界に浸りにいらしてください。

荒牧慶彦(14日)コメント

荒牧慶彦(14日)

荒牧慶彦(14日)

今回天守物語で姫川図書之介と亀姫役を務めます荒牧慶彦です。 僕自身久々の朗読劇ですので楽しみにしております。この天守物語の朗読劇は日替わりで4名が入れ替わり立ち代わり、 その日によって同じ役を4人で回していきますので、 日ごとにまた違った見え方・感じ方があるのではないかと思っています。是非僕の回もそうですけれど、 いろいろな回を見てください。 この天守物語は言葉遣いが難しかったりするので丁寧に伝えながらも、 情熱的に、 耳に心地よい音声でお届けしたいと思います。

佐藤拓也(15日)コメント

佐藤拓也(15日)

佐藤拓也(15日)

この度、 姫川図書之介と亀姫役を演じます佐藤拓也です。図書之介だけだと思いきや姫もやります。 今から戦々恐々としているのですが、 原作も難解で不思議なお話なので、 我々演者が朗読でみなさんに世界をお届けできるのか非常に楽しみに思っております。日替わりということで、 一度きりですので精一杯やらせていただければいいなと思うと同時にあの世界に入ったときに自分がどうなってしまうのだろうと正直未知数なので、 その辺も含めて僕自身も楽しませていただこうと思っております。

下野紘(16日)コメント

下野紘(16日)

下野紘(16日)

天守物語 姫川図書之介・亀姫役を演じます下野紘です。 この天守物語という朗読劇なんですけれども、 日替わりで出演させていただくことになっております。 まだ稽古等々行っておりませんが、 物語的にもシリアスなお話になっていると思いますし、 朗読劇って様々な形態がありますからどういった演出がなされるのか僕自身も楽しみにしております。 また私が演じる図書之介、 亀姫、 大変魅力的なキャラクターになるようにと僕自身も頑張っていきますので是非ともご覧いただけたら嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

北村諒(17日)

北村諒(17日)

北村諒(17日)

姫川図書之介・亀姫役を演じます、 北村諒です。今回は日替わりで出演させていただくということで、 僕は一日のみの出演となるのですが 、 そうそうたる顔ぶれの中でこうして天守物語を朗読劇として皆様にお届けできることをすごく緊張しながらも楽しみにしている自分がいます。朗読劇で天守物語というのが初めてなので、 演出方法なども含め、 どういう雰囲気になるのか、 どんな新しい景色が待っているのか、 今から楽しみです。以前、 舞台の方で天守物語をやらせていただいたのですが、 その時は桃六を演じたので 、 今回は役どころも全然異なり、 舞台を見てくださった方にもまた違った目線で楽しんでいただけるのかなと思っています。 是非一日限りの天守物語を楽しみにしていてください。