ジャンプ+にて連載中の伊科田原作の『道産子ギャルはなまらめんこい』が2023年にテレビアニメ化が発表された。

『道産子ギャルはなまらめんこい』は、北海道北見市に引っ越してきた主人公の高校生・翼とバス停で出会ったギャル・冬木美波とのロマンチック道産子ラブコメ。

そしてヒロイン冬木美波を佐倉綾音が演じることも発表された。佐倉綾音からのコメントも届いている。

佐倉綾音

佐倉綾音

冬木美波役・佐倉綾音コメント

Q1.本作品の印象

寒い北海道の地を舞台に、熱い恋愛&友情模様が繰り広げられるど真ん中青春漫画でした。読んでいてこっちが照れてしまう展開満載でした。道産子ギャルたちが入れ替わり立ち替わり、足りていない青春の記憶とさまざまな需要を満たしてくれますね。アニメでどこまで表現されるのか楽しみです。

Q2. 演じるキャラクターの印象と役に対する意気込み

明るくポジティブな空気で周りを巻き込み、眺めているだけでも滋養強壮になりそうなギャルだなと感じました。私は普段ギャル用語を使い慣れていないので、アフレコまでにたくさんギャル用語を学んで、常用言語であるかのように冬木美波を演じられるよう頑張っていきたいと思います。

さらに、2022年12月17日・18日に幕張メッセ国際展示場展示ホール1〜8にて実施される「ジャンプフェスタ2023」イベント内のジャンプスタジオNEOにて、本作のステージイベントが行われることも発表された。詳細や参加方法などは、ジャンプフェスタ2023公式サイトより随時発表されていくとのこと。

氷点下でも生足で、距離が近くて、方言バリバリ、そんな“なまらめんこい彼女(ギャル)”を佐倉綾音がどう演じるのか。TVアニメ『道産子ギャルはなまらめんこい』のさらなる情報を待ちたい。