2022年12月4日(日)大阪城ホールにて開催される『サントリー1万人の第九』。
布袋寅泰のゲスト出演がすでに発表されているが、第1部のコラボレーション企画として、佐渡裕の指揮のもと、世界的にも大きな評価を得ている、映画『キル・ビル』のテーマ曲 「BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY (新・仁義なき戦いのテーマ) 」を オーケストラアレンジとして演奏することが決定した。

布袋寅泰

布袋寅泰

佐渡裕 (C)Takashi Iijima

佐渡裕 (C)Takashi Iijima

さらに40回目を迎える本コンサートの特別企画として、第2部ではベートーヴェン「第九」第1〜3楽章を、佐渡と布袋でスペシャルアレンジした演奏を披露する。クラシックとロックが融合した演奏に期待が高まる。
なお『サントリー1万人の第九』は、11月5日(土)午前10時から各種プレイガイドで販売開始。詳しくは、公式ホームページをチェックしよう。

布袋寅泰 コメント

ロックとクラシックの融合、そしてぶつかり合い、緊張感があるでしょうね。佐渡裕さんとの初共演もとても楽しみです。その緊張感を楽しみながら、オーケストラの皆さん、そして会場に集まったすべての皆さんと心を1つにして大きな音楽が奏でられたらいいなと思っています。

佐渡裕 コメント

「サントリー 1万人の第九」連続出場24回目の佐渡裕です。今回で40回目の「サントリー 1万人の第九」ということはつまり少なくとものべ40万人の方がこのコンサートに関わってくださったということです!文化とはまさに、こういうことを言うのではないでしょうか?僕が思う文化とは、新しく生まれ、地域に根差し、そして続いて行くもの…この大事な節目に、布袋さんと角野さんを迎えて、 今年も音楽の喜びを多くの皆様に届けられることを、大変光栄に思います!

『1万人の第九 2021』より (C)MBS/サントリー1万人の第九

『1万人の第九 2021』より (C)MBS/サントリー1万人の第九

『1万人の第九 2021』より (C)MBS/サントリー1万人の第九

『1万人の第九 2021』より (C)MBS/サントリー1万人の第九