NiziUのドーム公演『NiziU Live with U 2022 “Burn it Up”』が、11月12日(土)・13日(日)の東京ドーム公演を皮切りにスタートした。本記事では同公演のオフィシャルレポートをお届けする。

ミュージックシーンを席巻中の9人組ガールズグループ“NiziU”。彼女たち初のドーム公演『NiziU Live with U 2022 “Burn it Up”』が、11月12日(土)、13日(日)の東京ドーム公演を皮切りにスタートした。

彼女たちは、今年8月より初の単独ツアーとなる『NiziU Live with U 2022 “Light it Up”』が、北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、兵庫県、福岡県にて開催。7都市16公演、約15万人を動員する大規模なアリーナツアーとして話題を集めた。
本ツアーのチケットは先行受付段階からエントリーが殺到し、7月9日(土) 午前10時に開始したチケット一般販売においては、発売10分たらずで全公演・全席ソールドアウト。急遽仙台会場の追加公演も発表され、NiziUの底知れぬ人気の高さを今一度証明した。

NiziU 撮影=田中聖太郎

NiziU 撮影=田中聖太郎

今回行われた初のドーム公演『NiziU Live with U 2022 “Burn it Up”』の開催は、上記のツアーの東京会場である国立・代々木競技場第一体育館公演の最終日である9月4日(日)の終演後に急遽発表。
来場したオーディエンスを歓喜させ、その後はアリーナ公演同様にチケットエントリーが殺到。東京ドーム・京セラドーム大阪にて開催される全4公演すべてが完売し、先のアリーナツアーと合算すると約33万人を動員、メジャーデビューしてから約1年11か月での東京ドーム公演の開催は「女性アーティスト史上最速」となった。

NiziU 撮影=田中聖太郎

NiziU 撮影=田中聖太郎

記念すべき初のドーム公演となった11月12日(土)、13日(日)の東京ドームでは、開演と同時に鮮やかなピンク色の船のセットに乗ったNiziUがステージに現れ、デビュー曲である「Step and a step」をパフォーマンス。『NiziU Live with U 2022 “Light it Up”』の公演内でも同様のセットが登場し、ツアーという「新たなNiziUの旅」を表現する大規模なスケール感のセットが話題を集めたが、今回のドーム公演でもアップグレードされ再度登場。アリーナツアーから今回のドーム公演へ辿り着いた様を示唆する演出はオーディエンスの視線をくぎ付けにした。

NiziU 撮影=田中聖太郎

NiziU 撮影=田中聖太郎

その後も「Take a picture」「Make you happy」などNiziUの代名詞ともいえるヒット曲の数々を立て続けにパフォーマンス。ドーム公演ならではのアレンジや演出だらけのライブは約3時間半にわたり、来場したファンを魅了し終始大歓声に包まれながら初のドーム公演を駆け抜けた。

12月の京セラドーム大阪公演2daysを残すところとなった『NiziU Live with U 2022 “Burn it Up”』。アリーナツアーを経て圧倒的な成長を遂げ、眩いほどの輝きを放ち続ける彼女たちのパフォーマンスから引き続き目が離せない。

NiziU 撮影=田中聖太郎写真事務所

NiziU 撮影=田中聖太郎写真事務所

また、今回のドーム公演では、12月14日(水)にリリースする最新シングルより、リード曲である「Blue Moon」を初パフォーマンス。「Blue Moon」はNiziU初のウィンター・バラード。 今年初の単独ツアーを経験し、広い会場を埋め尽くす大勢のファンとの対面を果たし最高の幸せを噛みしめた彼女たちが、ツアーを経て感じた想いを“大切な人を想う気持ち”と重ねて作り上げた珠玉の1曲は、来場のオーディエンスを感動の渦に巻き込み、新たな魅力を存分に知らしめ、NiziUの更なる可能性を感じさせるキーポイントとなる1曲となることを予感させたに違いない。

なお「Blue Moon」の先行配信が、11月20日(日)0:00よりスタートすることも決定。東京ドーム2daysで10万人以上が酔いしれた新曲を、シングルのリリースに先駆けて是非堪能してほしい。

NiziU 撮影=田中聖太郎写真事務所

NiziU 撮影=田中聖太郎写真事務所

NiziU 撮影=田中聖太郎写真事務所

NiziU 撮影=田中聖太郎写真事務所