チャンネル登録者250万超えのYouTuber・ジュキヤを中心に、中町 JP、こなん、わきを、MARIMO。、ゆうやという人気YouTuber6名によるクリエイター集団がまさかのメジャーデビュー!Z世代から絶大な支持を得ている彼らの楽曲をプロデュースするのは、日本初のメジャーデビューYouTuberバンドであるNon Stop Rabbitの田口達也が担当したどんな化学反応が起こるのか起こらないのか、ジュキぱっぱの核となるジュキヤ、中町 JP、楽曲プロデュースの田口達也に活動に込めた真意を訊いた。SPICE史上最も酷いインタビュー、是非お楽しみいただきたい。

――本日は11月16日にデジタルシングル「奇想天外ぽんぽこぽん!!」でメジャーデビューするジュキぱっぱのジュキヤさんと中町JPさん、トータルプロデュースを手がけるNon Stop Rabbit(以下 ノンラビ)の田口達也さんにお越しいただいたわけですが、どういった経緯でそういうお話になったのでしょうか。

ジュキヤ:……ん?

田口達也(以下 田口):なんでわかんねぇんだよ(笑)。

ジュキヤ:いや、まったく意味がわかんなかったから。

――えーと、ジュキぱっぱと田口さんは公私共に親交が深いということで、そうなったきっかけからお聞きできればと。

ジュキヤ:あー、それはここ(自分と田口)がきっかけだよね。

田口:うん。ジュキヤが無理矢理俺の家に住んだことが始まりです。ノンラビが出演したとあるイベントの打ち上げで初めて会ったんですけど、当時まだ名古屋に住んでたジュキヤに「今日泊まるとこないわ。おまえのとこ泊めて」って言われたんですよ。

――初対面でいきなり!?

田口:そうですよ。で、泊めたら「家決まるまでいさせて」って言われて……。

ジュキヤ:数か月いたね。

――田口さんのおうち、よっぽど居心地がよかったんですね。

ジュキヤ:いや、居心地はめっちゃ悪かったんですよ。

田口:なんてこと言うんだ!(笑)

――お世話になったのに(笑)。

ジュキヤ:ホコリはすごいし、アクセスは悪いし。でも、東京で頼れる人ってほかにいないし行くあてもなかったんで。で、ノリで「俺らもメジャーデビューさせてや」ってずーっと言ってたら、ポニーキャニオンの人に言ってくれたんだよね?

田口:うん。ジュキヤはなにかあるとすぐ歌詞を送りつけてくるから、メジャーデビュー前にも2、3曲ジュキぱっぱに曲を書いてまして。ノンラビがポニーキャニオンからデビューして2年、信頼関係もしっかり築けてきたところで、じゃあジュキぱっぱのメジャーデビューも聞いてみるわって。

ジュキヤ:俺の作詞力が認められたってことです。

ジュキヤ

ジュキヤ

――実際、田口さんもジュキヤさんの書く歌詞には光るものがある、と感じていましたか。

田口:いや、歌詞だけ見たらなんにも光ってないですよ(笑)。

ジュキヤ:いやいや、光ってるだろ!

田口:ただ、ジュキヤの歌詞って俺の書く曲にすごくはまるし、ジュキぱっぱはメンバーみんなのキャラとか、やってることが面白いんで。

ジュキヤ:みんな、各種SNSフォロワー数も人気もそんなにないんですけどね。な!(中町JPに向かって)

中町 JP(以下 JP):そうね。僕は“歌ってみた”の動画を、よく達也くんの家で撮らせてもらってます。

ジュキヤ:で、夜ご飯はだいたい達也の家でみんなで食べてるよね。

――めちゃめちゃ仲よしですね。

田口:仲よしっていうか、だいぶ強引ですよ。「今日歌録りに行くわ。あとメシも」とか。

――「今日行っていい?」じゃないんですね(笑)。

ジュキヤ:いやもう、行くと決めたら行くんで。

田口:しかも、全然時間通りに来ないし(笑)。

ジュキヤ:達也はいつでも家にいるから大丈夫っしょ。

――絶対的な信頼感(笑)。10月17日にYouTubeに投稿された動画『8ヶ月かけて曲を作ったので聴いてください。』では、息ぴったりに曲を作っていったこともわかります。

ジュキヤ:そうなんですよ。まさに息ぴったりです。

田口:適当に答えんなよ!(笑)

ジュキヤ:純平(JP)にしても親友だし。

JP:親友っていうか宝ね。

田口:自分で格上げするんか(笑)。

中町JP

中町JP

――ただですね、8か月かけて作ったデビュー曲「奇想天外ぽんぽこぽん!!」」はJPさんに送られたきた「2000件の死ね」から始まったということで……穏やかじゃないですよね。

JP:そうなんですよ。僕、びっくりするくらいめちゃめちゃ嫌われてるんですけど、炎上してDMで2000件くらい死ねをもらったときに、こいつらに「2000件の死ねがきたんだけど」って話したら、「じゃあ歌にするか」って。

――その発想の転換がすごいです。

ジュキヤ:「2000件の死ね」って、タイトルっぽいなと思って。

JP:バズりそうではあるよね(笑)。その半年後くらいにメジャーデビューの話がきて、じゃあこの曲でいこう!っていう。

ジュキヤ:メジャーではいろいろ規制があるから、「奇想天外ぽんぽこぽん!!」っていうタイトルにしたんですけど。

――歌詞は、ジュキヤさんが1時間くらいで書き上げたそうで。

ジュキヤ:前回書いた歌詞は30分くらいでできたんですけどね、今回は真剣に考えたら1時間かかりました。自分的にすごく満足してるんですけど、どうですか?

田口:逆に聞くのか(笑)。

――アイドルソングな曲調にぴったりなキャッチーで覚えやすいフレーズもありつつ、ネット社会の闇を突くような言葉にドキっとさせられたりして、だいぶインパクトのある歌詞です。

ジュキヤ:そうそう、俺が好きなアイドルソングみたいな曲を達也が書いてくれたし……俺、歌詞を書く能力が高いんですよ。

田口:褒めてるように思われたら嫌なんですけど、ジュキヤの書いた歌詞、俺はあんまり変えてなくて。自分が曲を作る能力が高いのもあるんですけど(笑)、不思議なくらいジュキヤの書く歌詞って語呂とか行間とか息継ぎとかも含めて音にはまるんですよ。それは本当にすごいかもしれないです。

ジュキヤ:うん、すごいと思う。純平さんは褒めるところないね。

JP:っていうか、そもそもこのインタビューに俺要る?

――JPさんがいなければ「奇想天外ぽんぽこぽん!!」は生まれなかったわけですから、大切なキーマンです。

JP:いやぁ、僕は歌わされてるだけですからね。

ジュキヤ:「奇想天外ぽんぽこぽん!!」は純平が好きな音楽のジャンルとは違うしね。

JP:でも、歌詞はともかく賑やかで楽しい曲なので、楽しんでは歌いました。

田口達也

田口達也

――プロデューサーとしては、ジュキぱっぱの6人の歌声を聴いてどんなこと感じたのでしょうか。

田口:久しぶりにこんな素人の歌を聴いたな、と思いましたよ(笑)。でも、それがいいっていう。素人が楽しそうに、一生懸命歌ってる感じがこの6人には合ってるから、歌い直したりとかうまく歌ってもらおうとかしなかったし。ジュキぱっぱらしさがすごく出た曲になってると思います。

――曲調がガラっと変わるラップ部分は、急にかっこよかったりもして。

田口:あのラップ部分はわきをとMARIMO。が歌ったんですけど、あいつら調子に乗ってましたね(笑)。あとね、この2人(ジュキヤと中町JP)はメジャーデビューをあんまりなんとも思ってないですけど、あとのメンバーはちゃんと喜んでたし、嬉しそうでした。

――望んで誰もができることではないメジャーデビュー、ジュキヤさんと中町JPさんは実際のところどう受け止めているのでしょうか。

JP:正直言うと、あんまりメジャーデビューだ!っていう特別感みたいなものはないんですよね。歌の企画をみんなで楽しく撮影するようないつも通りの感覚で、レコーディングも楽しくできたので。

ジュキヤ:そうね。ただ、メジャーデビューするとサブスクやカラオケでいろんな人に聴いてもらったり歌ってもらったりしてもらえる、っていうのは嬉しいことです。

――さらに、12月14日には“ジュキヤと純平”名義で「人生トントン説」をデジタルリリースすることも決定しました。

田口:ジュキヤひとりか、いつも“歌ってみた”を一緒に歌ってるジュキヤと純平の2人で歌うかにしようか、っていうことになって……。

ジュキヤ:俺ひとりでは歌えないんで、手下を入れておこうかなと。

JP:ホントこき使われてる(笑)。ただ友達なだけで、ボランティアですからね。

田口:ジュキぱっぱでデビューしても、ジュキヤ以外のメンバーには1円も入らないもんね(笑)。

JP:ま、だから仲がいいんですけどね。お金が発生すると、役割分担とかでギクシャクしちゃったりすると思うんですよ。でも、ただの友達で楽しいからやるよ、っていう。

ジュキヤ:全員が中火くらいの温度感ではあるね。強火はひとりもいない(笑)。

――そのほうが長く続きそうです。ちなみに田口さんの温度感は……。

田口:僕だけ必死、僕だけ強火ですよ(笑)。

――そこには、ノンラビとはまた違ったやりがい、醍醐味もあったりとか。

田口:ありますね。普段やってるバンドとは違って、全部任されるし、ある程度好き勝手できるんで。そういう点では、めちゃめちゃ面白いですよ。