2023年3月〜4月、東京・大阪・群馬にて、オールナイトニッポン55周年 記念公演『明るい夜に出かけて』が上演されることが決定した。

実在の深夜ラジオ番組「オールナイトニッポン」のリスナーたちの交流と、世の中で彷徨う若者たちの孤独と繋がりを描いた佐藤多佳子著「明るい夜に出かけて」(第30回山本周五郎賞受賞作品)を、「劇団はえぎわ」の主宰を務め、第56回岸田國士戯曲賞を受賞した最注目の演出家・ノゾエ征爾の脚本・演出で、舞台化されることとなった。

原作「明るい夜に出かけて」は、実在のラジオ番組「アルコ&ピースのオールナイトニッポン」を舞台とした小説で、第30回山本周五郎賞を受賞。2018年には、「オールナイトニッポン」50周年スペシャルラジオドラマとしてオンエアされ、大きな反響をよんだ同作を、「オールナイトニッポン」55周年を記念し、満を持して舞台としておくる。

佐藤多佳子「明るい夜に出かけて」(新潮文庫刊)

佐藤多佳子「明るい夜に出かけて」(新潮文庫刊)

主役を務めるのは、ジャニーズJr.のユニット「7 MEN 侍」として活躍する今野大輝が、初めて舞台単独主演する。今野のほかに、舞台初出演となる俳優・伊東蒼、ミュージカルから小劇場まで幅広く活躍している大久保祥太郎、映画、演劇界などで高評価を受ける実力派・板橋駿谷ら個性豊かなキャスト、また、作品にも登場する「オールナイトニッポン」の現役パーソナリティのアンガールズ山根良顕(オールナイトニッポンPODCAST アンガールズのジャンピン)、鈴木杏樹(オールナイトニッポンMU SIC10火曜日)が出演し、演劇ファンのみならずラジオリスナーも楽しめる作品となるはずだ。

【Story】
富山は、あるトラブルがきっかけで、心を閉ざし、大学を休学。海の側の街でコンビ二バイトをしながら一人暮らしを始めた。人に言えない葛藤、臆病な自分……。相変わらず人間関係は苦手なまま。深夜ラジオのリスナーであることも変わらない。
だが、コンビニでバイトをするうち、バイトリーダーでネットの「歌い手」の鹿沢、同じラジオ番組のヘビーリスナーの風変りな女子高生佐古田、ワケありの旧友永川と交流を通し、世界が鮮やかな色を取り戻していく。
実在した深夜ラジオ番組「アルコ&ピースのオールナイトニッポン」を織り込み、世の中で彷徨う若者たちの孤独と繋がりを暖かく描いた青春の物語。

脚本・演出:ノゾエ征爾 コメント

小学生の頃だったか、深夜のラジオ番組に兄とネタを投稿していて、一度だけ読まれたことがあった。その時の興奮を急に昨日のことのように思い出した。小説「明るい夜に出かけて」を読んだ時のことだ。人物たちの息遣いや肌触りが、臨場感を持って飛び込んでくる。思春期特有の匂いまで蘇る。そんな言葉で溢れ、言葉では言い表せない力で溢れたこの小説から、たっぷりとエネルギーを頂いて、しっかりと戯れて、行き着いたそこからは、それこそ言葉では言い表せない景色が広がっていることでしょう。ということを、私が今きっと誰よりも楽しみにしている。
そして、あの小学生時に聴いていた深夜ラジオが、ニッポン放送の番組だったことを知り、もうワンランクテンションがあがったところで、一度筆を置いて、頭を冷やすことにします。

富山 一志 役:今野大輝(7 MEN 侍/ジャニーズJr.) コメント

今回、舞台『明るい夜に出かけて』に出演させていただきます7 MEN 侍の今野大輝です。
この作品が舞台化するのは初めてという事なので、僕なりに作品と向き合って作品の良さを皆様にお伝えできるように全力で頑張りたいと思います。
出演のお話をいただいた時はまさか自分が出演させていただけるなんてと、とても驚きました。
さらに主演を務めさせていただくのは今回が初めてなので分からない事が沢山あるかと思いますが、演出のノゾエ征爾さん、そしてキャストの皆さんと一緒に素敵な作品を作り上げていきたいと思います。この作品を通してこれまで以上に成長した姿を皆様に届けられるよう精一杯頑張りますので、ぜひ会場へお越しください。