2024年3月2日(土)・3日(日)の2日間、アーティストがギター弾き語りで共演する、日本最大級のギター弾き語りフェス『J-WAVE TOKYO GUITAR JAMBOREE 2024 supported by 奥村組』(以下、ギタージャンボリー)が両国国技館で開催される。今回、第一弾出演者8組を発表し、チケットの【最速】先行予約も開始となった。

2013年に始まった『ギタージャンボリー』は、パフォーマンスに定評のあるアーティストたちのギター弾き語りを楽しむライブイベント。土俵に見立てたセンターステージを客席がぐるりと囲む臨場感あふれる会場は、まさに両国国技館ならでは。場内には桜の装飾も施し、ゆったりと“お花見気分”を満喫することができる。

場内では両国国技館ならではの「ちゃんこ」や「やきとり」など、さまざまな「相撲フード」、さらに毎回好評のオリジナルグッズ「OMIYAGE」も販売する。

チケットは、アリーナレベルで楽しむ「砂かぶり」席と、履物を脱いで上がる「マス席」。推奨使用人数は大人2名までだが、最大4名まで入ることができる。そして、ステージが見やすく、会場全体の大迫力を堪能することができるイス席の「2階席指定」「2日通し・2階席指定」。そして各チケットにオリジナルの特製湯呑みが付く「特製湯呑み付」も用意されている。

また、出演アーティスト第一弾も発表となった。初日(3月2日(土))には、前回出演時の着流し姿での熱唱が両国国技館全体に強烈なインパクトを残したトータス松本が今回も登場。パワフルなギタープレイとシャウトで実は繊細な心象を聴くものに植え付ける、名手・竹原ピストル。河口恭吾はデビュー20周年を迎えて以降もコンスタントな活動を続け、今回ギタージャンボリーに初出演。そして、竹内アンナが2年ぶりに登場する。

2日目にして千穐楽(3月3日(日))は、毎回ギタージャンボリー出演時は何故か二人そろってスーツ姿の真心ブラザーズ。そして弾き語りで、バンドで、精力的にライブ活動を続けるFLYING KIDSの浜崎貴司が満を持しての初出演。湘南生まれ南カリフォルニア育ちのシンガーソングライター・Michael Kanekoも初登場。さらに、今年活動ベースを心機一転させて新たなフェーズへ突入した阿部真央が初登場となる。

なお、今後さらなる出演者追加発表も予定しているとのこと。

そして、J-WAVEでは、11月21日(火)正午から11月28日(火)23:59まで、J-WAVEのリスナーズ・コミュニティ【J-me】会員限定、チケット【最速】先行予約のエントリーを受け付ける(抽選)。新規入会者もOKで、入会費は無料となっている。

さらに、2022年より2年連続で開催してきたギタージャンボリーのオーディション企画も実施。今回は「幕間オーディション〜新弟子検査〜」と冠して、インディーズおよび新人アーティストの音楽活動支援を行う「Eggs」とともに夢の舞台へのチャンスをサポートする。グランプリ獲得者はギタージャンボリー当日、両国国技館のセンターステージでアコースティックギターの弾き語りを幕間のタイミングで披露することができる。応募は12月4日(月)からスタート。オーディション詳細は、「アマチュアオーディション〜新弟子検査〜」特設ページにて確認しよう。