BTSが10月24日、オンラインコンサート『BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE』を開催する。様々なコンセプトのステージセットと躍動感を加えた最先端技術、そしてBTSならではのパフォーマンスが調和した“歴代級”の公演が大型スタジアムで行われる。 

昨年10月にライブストリーミング方式で『BTS MAP OF THE SOUL ON:E』を開催し、約1年ぶりにコンサートの舞台に立つBTS。特に大型スタジアムの公演でステージを飾るのは2019年10月に開催された『BTS WORLD TOUR 'LOVE YOURSELF: SPEAK YOURSELF' [THE FINAL]』以来2年ぶり。

今回の『BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE』は、 新しいシリーズのコンサートであるため、観客との呼吸に重点を置いて企画。大規模な公演場に似合い、そして世界中のファンに最も見せたい曲を厳選したという。

BTSは最近出演したV LIVEで、コンサートの練習真っ只中の近況を伝え、7人は「一生懸命コンサートの練習中」とし、「ARMYの皆さんに喜んでもらえる曲を入れた。期待してください」とコメントした。 

今回のコンサートはタイトルにも使用されているBTSの曲「Permission to Dance」のメッセージのように、どこにいても誰でも一緒に踊ることを許されたという喜びを込めたお祭りとして開かれる。楽しく雄壮なパフォーマンスで、全世界に再び肯定的エネルギーを伝える予定だという。

なお、『BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE』では、本公演の前の「サウンドチェック」(リハーサル中継)も公開する。「サウンドチェック」は一部のオフラインコンサート開催時に行われたイベントで、オンラインストリーミングコンサートでは初めて行われる。観客に公演準備過程に一緒に参加する気持ちを伝えると同時に、公演に対する期待感を高める。

今回のコンサートには、 「Visual Effect View(VEV)」という新しいサービスも導入され、実際の公演会場でしか見られないLED効果がオンライン配信画面にもそのまま具現される。観客はVEVを通じてVJソース、歌詞グラフィック、中継効果などが結びついた画面を視聴することで、会場に設置されたLEDをリアルに体験することができる。4K/HDの鮮明な高画質をはじめ、観客が直接6つの画面の中から見たい画面をリアルタイムで選択して鑑賞できる「マルチビュー」サービスも提供される。視聴の詳細はオフィシャルサイトで確認してほしい。