女優の永野芽郁(17)が来年4月2日にスタートするNHK連続テレビ小説「半分、青い。」(月〜土曜前8・00)のヒロイン・楡野鈴愛(にれの・すずめ)役に決まり20日、東京・渋谷の同局で発表された。

 2366人のオーディションの中から選ばれた。永野は朝ドラオーディション初参加。勝田夏子チーフ・プロデューサーは「オーディションは激戦だった」と明かし、「決め手は役にぴったりのキャラクター。失敗を繰り返してもへこたれない女性。岐阜言葉で『やってまった』と言う天真爛漫さ、度胸と愛嬌を持ち合わせている」と起用理由を語った。

 永野も「自分ができたらピッタリだと勝手に思ってたので、がんばりたいと思います」と意気込んでいた。同作は脚本家の北川悦吏子さん(55)によるオリジナル作品。高度成長期の終わりから現代までを舞台に、岐阜県に生まれ、病気で左耳を失聴したヒロインが上京後の挫折、離婚などを経験しながらも明るく生き抜いていく姿を描く。同じ日に同じ病院で生まれた幼なじみとの恋模様も見どころになる。

 北川氏から何か言葉をかけられたか聞かれると永野は「昨日大丈夫ですかね?って聞いたら『すずめにぴったりだよ』って言っていただいたのでそこに自信を持ってやりたいと思います」と笑顔で話していた。