女優の平愛梨(32)とお笑いタレントの今田耕司(51)が7日、都内で行われた日本マクドナルドの「マックなのか?マクドなのか?おいしさ対決!」キャンペーン発表会に出席した。

 マクドナルドをマクドと呼ぶ地域は、マックと両方呼ぶ県も含めて関西を中心に11府県のみ。大阪出身の今田はマクド軍代表として「マクドナルドですから、ちっちゃい“ツ”はどこからもってきたんだと。マクドが正式ですよ。マックは邪道ですよ!」と力説。大阪ビーフカツバーガーも「今までなかったのが不思議なぐらい。申し訳ないけど、圧勝ですよ」と力を込め、「アモーレのいない君たち、僕も含めて、独身男性の強い味方になってくれる」と猛アピールした。

 マック軍代表の平は兵庫県出身ながら「友達はマクドって言ってたけど、我が家ではマックって言ってたんです」と“マック派”を主張。「今回を機にはっきりさせたい。マックのほうが都会感がある」とニヤリ。今田の熱量に思わず、「私、押しに弱くて…」と弱音を吐く場面もあったが、東京らしいスタイリッシュな東京ローストビーフバーガーを「リッチさが凄い。優雅なひとときを!」と平も負けじとアピール。夫のサッカー日本代表のDF長友佑都(30=インテル・ミラノ)はどっち派?との質問には「もちろん、ローストビーフ!」とマック派を主張するも、今田からは「男子は絶対にビーフカツ」と横やりが入ったが、「リッチな方がいい」と引かなかった。

 日本では“マック”と“マクド”の2つの愛称があるマクドナルド。マック軍とマクド軍に分かれて、オリジナルメニューで対決するツイッターを使ったキャンペーンを9日からスタートする(20日まで)。マック軍としては、東京ローストビーフバーガー、マックチキンナゲットの東京レモンバジルマヨソース、マックフィズ山形ラ・フランスなど、マクド軍として大阪ビーフカツバーガー、チキンマックナゲットの大阪お好みソース、マックフィズ和歌山温州みかんなどを期間限定で発売する。