A.B.C―Zが9日、デビュー5周年を記念する全国ツアーの横浜アリーナ公演を行った。同所での単独公演は初めてで、グループ最大規模の1万5000人を動員。塚田僚一(30)は「先輩のバックで踊っていた横アリに自分たちが立てるなんて」と感激した。

 演出は戸塚祥太(30)が担当。5年間の集大成と言える内容で、トランポリンを使ったパフォーマンスなど得意のアクロバットが随所に登場。河合郁人(29)は「10周年までに東京ドームを実現させたい」と目標を掲げた。