歌舞伎俳優の坂東玉三郎(67)が、自身22年ぶりの音楽CDとなるシャンソンのカバーアルバム「邂逅 〜越路吹雪を歌う」を11月8日に発売する。

 シャンソンの女王と呼ばれた故越路吹雪さんの三十七回忌を迎えた今年3月、追悼公演で晩年の代表曲「妻へ」を歌唱したことがきっかけ。

 越路さんが生前に歌唱したスタンダード「枯葉」など14曲をカバーする。

 11月8、9日には東京・銀座のヤマハホールでコンサートを行う玉三郎は「敬愛する越路さんの素晴らしい歌を、将来の人たちにも歌い続けてもらうために久しぶりのレコーディングに臨みました。ステージでも皆さまにお会いできるのを楽しみにしております」とコメントした。