2人の女性との不倫疑惑が報じられた雨上がり決死隊の宮迫博之(47)が生出演し、釈明を繰り広げた11日のフジテレビ「バイキング」(月〜金曜前11・55)の平均視聴率が6・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが14日、分かった。前週4日は5・6%と1・3ポイントの大幅アップとなった。

 前4週平均は5・3%で1・6ポイント上昇。7月6日以来の民放横並びトップとなった。

 今月9日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が報道。金曜MCの宮迫は番組が始まるや、約7秒、頭を深々と90度下げたまま登場。MCの俳優・坂上忍(50)が「本当に申し訳ございませんでした」と代弁し「大丈夫ですか?」と聞くと、宮迫は一度頭を上げた後、再び約3秒、深々と頭を下げ、計約10秒、謝罪の気持ちを表した。その後、午後0時19分から約30分にわたり、宮迫が生釈明。坂上らの質問に答えた。

 7月に3度、ホテルに女性と2人きりで泊まったことを「事実」と認め「飲むと調子に乗ってしまう。(性行為が)できるかもと魔が差しまくってしまった」と下心があったことも告白。一方「頑張って誘ってみたが“このご時世ダメですよね”と言われふて寝した。結果3回ふられている」と肉体関係は否定。「僕にそういう気持ちがあったのは間違いなく(不倫と)同罪」と非を認め、同じ不倫疑惑があった今井絵理子参院議員(33)の「一線を越えていない」を持ち出し「一線を越える気持ちはあった」と白状した。

 MCの坂上と各曜日MCが、毎回専門家や豪華ゲストをスタジオに招き、話題の時事ニュースや芸能ニュース、身近な出来事について、建前なしの本音の生激論を展開。健康・グルメ・レジャー情報を中心にした構成から、昨年4月、討論スタイルに舵を切り、坂上の発言が頻繁にインターネットニュースになるなど、番組が定着してきた。