タレントのイモトアヤコ(34)が15日放送のTBSラジオ「イモトアヤコのすっぴんしゃん」(水曜後9・30)に出演。旧友との温かい交流話を語った。

 昨年、日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」のディレクター・石崎史郎氏(41)と結婚したイモト。「去年結婚したこともあって、普段会えていなかった友達から“また会おうよ”“お祝いしようよ”って、会う機会がありまして」と大学時代の友人10人と集まったという。

 イモトともう一人の友人以外は既に全員結婚していて、子供もいる仲間。昼間に東京駅集合、居酒屋で2時間ほど食事をしてからカラオケに行き、夕方で解散という健全な会で、「子育てや出産話とかいろいろな情報が聞けました」と振り返った。

 会ではサプライズ報告があったといい、「私以外で結婚してなかった友人が、急に手を挙げて“私も結婚しました”って。みんなで“おぉ!!”ってなって。凄く感慨深いものがありましたね」と友人の結婚を喜んだ。

 飲み会からカラオケという流れが学生時代の定番コースで、それぞれが昔の「おはこ」を入力して盛り上がった後、親友の一人による“儀式”が行われたとイモト。

 安室奈美恵さんの名曲「CAN YOU CELEBRATE?」を歌って結婚した仲間を祝福するというもので、「声がカサカサなんですけど、そのコが歌ってくれて。私が言うことでもないんですけど、そのコは歌がうまくないんですよ。声がカサカサで音程も外しちゃうんで、最初はクスクスみんな笑ってたんですけど、サビぐらいからですかねえ。なんか段々とそのコが友達のために一生懸命に歌っている姿を見て、全員が号泣し始めて。そのコも泣きながら歌って、異常な会でしたね。なんか30歳を越えると涙もろくなるんですかねえ。でも、温かい涙でしたね。純粋に祝って泣けるって素敵でした」とうれしそうに語った。