タレントのあびる優(33)が9日、TBS「アッコにおまかせ」(日曜前11・45)で女優・鈴木杏樹(50)と俳優・喜多村緑郎(51)の不倫について「旦那さんの方が許せない」と感想を語った。今後の喜多村についても「人間の根本は変わらないんですからね。浮気する人は、するんじゃないですか」と持論を述べた。

 「元夫の女性関係でいろいろあった」経験者としてコメントを求められ、「多分みんな男性って、結婚じゃなくても彼女がいて浮気する人とかでも『絶対そろそろ彼女と別れそうで』とかって言い訳して、新しい女の子と浮気して」と回答。鈴木が不倫を認めるコメントで「今年に入ってお相手から独り身になるつもりでいるというお話があり、お付き合いを意識するようになりました」と明かした、離婚をチラつかせた喜多村の態度に重ねた。

 この鈴木の一文には、複数の芸能人らから「書かなくても良かったのではないか」と否定的な意見もあがっている。

 あびるは「杏樹さんが真面目すぎて本当に、誠実に恋愛をしていたんだな、恋をしていたんだな、というのが凄く伝わる」とし、「コメントはいいと思うんです。書かなくても良かったって意見もあると思うんですけど」と鈴木に理解を示した。それよりも「この旦那さん(喜多村)が、奥さん(女優の貴城けい)にはいい顔して、杏樹さんにはいい顔して、となっていると思う」と喜多村を責めた。

 司会の和田アキ子(69)は、「なんかさ、凄く、今重みある」と、あびるの説得力を指摘。共演者からも「おまえ、今日、すげえな」「何かあったの?」と問いかけられた後輩を代弁して、和田が「あったわ、充分。充分あるわ」と答えた。

 あびるは、14年9月に結婚した格闘家の才賀紀左衛門(きざえもん、30)と昨年12月に離婚。17年に才賀の不倫疑惑が報じられた。