俳優の柄本時生(30)が1日放送の日本テレビ「メレンゲの気持ち」(土曜正午)に出演。前田敦子(29)、高畑充希(28)、池松壮亮(30)との「ブス会」のLINEグループが知らぬ間に自分だけになっていたと明かした。

 ブス会は、2010年10〜12月放送の日本テレビドラマ「Q10」で共演した俳優たちで結成。互いの顔を慰め合ううちに仲良くなり、放送終了後も前田や高畑のSNSで交流する様子が伝えられてきた。

 妻で女優の入来茉里(30)と交際中も「池松の壮ちゃんの家でご飯を食べたんですけど、その時に“結婚しようと思います”と」と報告したところ、高畑たちからは「おめでとう」「よく(結婚することが)できたね」と祝福を受けたという。

 一方で「最近、LINEグループ1人になってまして…僕1人だけになってて」と苦笑い。「池松壮亮と前田敦ちゃんはLINE自体をやめちやったんですよ。僕と充希ちゃんだけになったんですけど。何かの時に見た時にいなくなってて、充ちゃんが。お知らせも無く、退室になってて。見るとブス(1)としか書いてなくて」と恥ずかしそうに話した。

 最近の仲良しは早乙女太一(28)、岡田将生(30)、落合モトキ(30)、賀来賢人(31)。賀来からビデオメッセージが寄せられ、柄本の短所について「人の名前と顔を覚えられないんですよ。何回も会っている人でも毎回“初めまして”みたいなこと、普通にするから。いい加減、覚えてあげてくれないかな」と暴露される一幕もあった。