日本芸術文化振興会は22日、東京・国立劇場「11月歌舞伎公演」第2部に出演していた歌舞伎俳優の片岡孝太郎(52)が新型コロナウイルスの陽性反応が出たとして、25日の千秋楽までの同部上演を中止すると発表した。

 第1部については「楽屋・舞台等の消毒を実施し、客席への影響はないことを保健所の実地検査により確認いたしましたので、第一部については、23日以降も予定どおり上演いたします」とした。