テレビドラマ「天までとどけ」(TBS)シリーズの父親役などで知られる俳優の綿引勝彦(わたびき・かつひこ)さんが昨年12月30日午後0時54分、膵臓(すいぞう)がんのため都内の病院で死去したことが13日、所属事務所から発表された。75歳。東京都出身。葬儀は近親者のみで営まれた。

 妻で女優の樫山文枝(79)は文書でコメントを発表。将棋が好きだった綿引さんが最後の闘病でつぶやいた言葉は「投了すると伝えてくれ」だったことを明かし「これで人生を投了するということでもあったのでしょうか。最期は眠るように逝きました」とつづった。

 本人の強い意志で周囲に病名を明かさなかったそうで、樫山は「きちんと身の回りの整理をしながら、先生にも“よく頑張っていらっしゃいます”と褒めていただくほど見事でした」と最愛の夫の幕引きを称えた。

 事務所によると、2018年に膵臓がんが見つかり、19年12月に肺に転移。昨年2月から化学療法を開始し、副作用に耐えてきたが寛解には至らなかったという。11月には積極的な治療を打ち切り、最後は自宅で療養。12月25日未明に容体が急変して入院、最後は眠りについたまま穏やかに息を引き取ったという。

 日大芸術学部を中退し、1965年に劇団「民芸」入り。映画「極道の妻たち」や時代劇「鬼平犯科帳」などで悪役のイメージが強かったが、91年にスタートした昼のファミリードラマ「天までとどけ」の大家族の温かい父親役で、お茶の間に浸透。母親役の岡江久美子さんが昨年4月に新型コロナウイルスによる肺炎で急逝しており、同ドラマの両親が相次いで旅立ってしまった。

 ▼須藤公一(「天までとどけ」で四男役)昨年の12月2日に電話でしゃべったのが最後です。声に元気がなかったので心配していました。「お父さんも(役名の)五郎に会いたいよ」と言ってくれていました。2020年は撮影開始から、家族が出会ってから30年でした。その年に、お父さん、お母さん(岡江久美子さん)が亡くなってしまうとは…。お二人のことを「お父さん」「お母さん」とずっと呼べたこと、幸せでした。

 ◆綿引 勝彦(わたびき・かつひこ)1945年(昭20)11月23日生まれ、東京都出身。日大鶴ケ丘高から日大芸術学部演劇学科へ。劇団「民芸」を経て、劇団「綿帽子」主宰。74年民芸の同僚だった樫山文枝と結婚。出演作に映画「八つ墓村」「鬼龍院花子の生涯」、NHK連続テレビ小説「はね駒」「ひらり」「春よ、来い」、大河ドラマ「山河燃ゆ」「毛利元就」など。