テレビ朝日の玉川徹氏が30日、文化放送「大竹まこと ゴールデンラジオ」(月〜金曜後1・00)に出演。東京五輪について語った。

 リスナーからの「ずばり東京オリンピックは開催されると思いますか」との質問に「開催するには、基準が必要。基準を作って、基準を達成したら、さあやりましょう、基準を満たせなかったらやらないとすべき」と案を示し、「今のところは五分五分かな」と答えた。五輪を開催するにあたって「多くの人が海外から日本に来るという事で、日本の中で別の変異株が広まってしまうリスクとかある」とコメント。「今でもインド株とか入って来てて、これだけ水際対策やりますって言っているのに、入ってきているから、信用できない」との見方を示した。

 作家でタレントの室井佑月(51)は「無理って誰もが分かってても、無理やり押し進める可能性が考えきれないって言うのが怖いよね」と発言。玉川は「ホントに大変な状況でオリンピックやって、日本人が多くのメダルをとったらみんな喜ぶじゃないですか。そうして、終わった後にやってよかったねってなれば帳消しになるって考えている人が一部いるってことだよな」と語っていた。