SKE48の荒井優希(22)が4日、東京・後楽園ホールで行われた東京女子プロレスの興行でプロレスデビューを飾った。

 20分1本勝負のタッグマッチで、バレエ仕込みのオリジナルかかと落とし「ファイナリー」を繰り出すなど見せ場をつくった。最後は対戦した伊藤麻希(25)の関節技「伊藤デラックス」に屈辱のギブアップ。「負けちゃったけど絶対強くなるので見ていてください」と前を向いた。