肺がんを公表し、手術を受けた女優の広田レオナ(58)が9日、自身のブログで、7日に退院したことを明かした。

 広田は、今月1日に開設したブログ「明るい未来のための終活Blog」で2日に手術を受けることを公表。予定通り、手術を終え、5日に「痛いのにゃー苦しいのにゃーDrがドスで2回刺された痛みですと言ってましたが想像できませんでしたが…これなんすね」と感想をつづった。

 この日、広田は「実は一昨日に退院しました!」と退院を報告。「手術は成功し、肺の4分の1とリンパを6つくらい切除しました 左胸が痛くて痛くて」と説明。「昼はまだ気が紛れたりするんですが 麻酔が切れてからの夜はひとり激痛に堪えられず少しも眠れず…次の日も想像を絶する痛みに一睡も出来ず…カタストロフ状態 どうやら、普段からMAX強い痛み止めを服用しているため病院の痛み止めが効かないんですね ずっとあぶら汗をかきながらリハビリも思うように進まず」と術後の痛みに苦しんでいることを明かした。

 無事に退院はできたものの、「まだまだ階段一階上るだけで血中酸素濃度が呼吸不全になってしまうへろへろダメダメな私ですが 術前の私の予想では退院したらすぐ会社に出社だったんですけど…そんなの夢のまた夢笑い泣きでした」とガックリ。「でも猫達もワンコもいるし 全力でサポートしてくれる夫と娘もいるし ちょっと予定が狂ったけど あまり無理せず 少〜しずつ良くなるように頑張る所存!しばらくは私のへっぽこリハビリにお付き合いしてくださいませ」と記した。