お笑いタレントの有吉弘行(48)が20日放送のテレビ朝日系「有吉クイズ」(月曜後11・45)に出演。火曜8時のゴールデン昇格に伴い、深夜枠ラスト放送でまさかの「報告」をした。

 「一つだけ心残りなことがあって…ゴールデンに移りましたら、こちらでやっていきたいと思います!」と、今年6月に放送された番組企画内でオーダーし、完成した歯のアクセサリー「グリル」を披露した。

 「けっこうお店の方が良くしてくださって…」と、店の厚意により本来有吉がオーダーした5金よりも高価な14金仕立て。宝石もジルゴニアではなく、ダイヤを配した豪華な仕上がりとなった。

 下の歯にグリルを装着した有吉は「やっぱり若い奴らにナメられたくないんでね!えへへ」と金ピカの歯に満足そう。スタジオからは「すげえ!」と声が挙がる一方、みちょぱからは「絶対やめて!ゴールデンでは!」と悲鳴が上がっていた。

 6月放送回では、有吉が東京・秋葉原を散歩。過去にも番組のロケで訪れ「何回かのぞかせてもらってて、かっこいいなあ、作りたいと思ってたんだけど、でもすぐ作れるものじゃないからあきらめてた」と足を踏み入れたのが、ヒップホップカルチャーで成功の証を意味する歯にかぶせるアクセサリー「グリル」の専門店だった。

 「グリル」は取り外しでき、海外ではラッパーだけでなくセレブの間でもファッションアイテムとして定着している。「いい機会なので。これつけて番組出たいなと。70歳くらいの方がピアスつけることにしたんだよ、とか年取った方がおしゃれしてるのって、人生楽しんでるしかっこいいなと思っちゃう。50手前だから、50になったらこれつけてテレビに出たいなって。有吉おしゃれなんだなって、ヒップホップとかやってる人たちから。今まったくヒップホップの方たちと接点がないからダサいって思われてるでしょうし」とド真面目に語り、スタジオ中からツッコまれていた。