お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(53)が23日、MCを務める日本テレビ系「スッキリ」(月〜金曜前8・00)に出演。22日に行われた、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の会見についてコメントした。

 旧統一教会は教団本部に「教会改革推進本部」を設置したと明らかにし、勅使河原秀行教会改革推進本部長らが記者会見を行った。会見を受け、加藤は「やっぱりこう…日本の信者に向けての会見かなって感じ、僕は、しちゃったんですよ」とコメント。続けて、「(会見の目的が)これ説明責任とかそういうことじゃなくて、自分達の信者に向けて言ってるなって感じがしちゃったんですけど」と述べた。

 この日スタジオに出演した全国霊感商法対策弁護士連絡会の紀藤正樹弁護士は「本当にそういう感じがしました」と加藤の意見に賛同。「勅使河原さんという人物は、言わば信者から見ると広告塔の一人なんですね」とした上で、「今教団の信者たちが動揺していますよね。動揺を抑える役回りとしては昨日の会見っていうのは、信者に対する推進力にはなったと思うんですけど」と話した。