歌手の鈴木亜美(40)とタレントの後藤真希(37)が23日放送のテレビ東京「テレ東音楽祭2022」(後5・30)に生出演し、テレビ初コラボを披露した。

 ASAYAN出身の2人。鈴木は「移籍した時期も一緒だったので、そこからよく会って」と後藤との交流を振り返った。後藤も「同じ事務所になって、マネジャーさんも一緒で」と語った。

 そして98年にリリースした「white key」を鈴木が歌い、99年にMAXがリリースした名曲「一緒に…」は2人で熱唱。最後は99年に鈴木がリリースした「BE TOGETHER」を2人で歌い上げるスペシャルメドレーを生披露した。

 このコラボにネットでは「鈴木亜美と後藤真希が並んで歌う日が来ようとはなあ」「鈴木亜美×後藤真希とかもう諸に響くやつやん」「鈴木亜美と後藤真希のコラボは感慨深いなぁー」「鈴木亜美ちゃんと後藤真希ちゃんのコラボ胸熱すぎたー!!!!!」「まさかこの二人で歌うとはね!」「40代は歓喜しかないわ」「最高すぎ」といった声が上がった。