女優の有村架純(29)が23日、都内で「第46回日本アカデミー賞」の記者発表に出席した。

 昨年「花束みたいな恋をした」で最優秀主演女優賞を獲得。今年は羽鳥慎一アナウンサー(51)と、各最優秀賞が発表される3月10日の授賞式の司会を務める。昨年の「輝く!日本レコード大賞」などで司会は経験しているが「名だたる方々を前にしての司会は大変恐縮ですが、尊敬の念を込めて自分自身が楽しみながら役目を全うしたい」と控えめに抱負を述べた。

 この日発表された優秀賞は、「ある男」が12部門(13賞)で最多受賞。有村も優秀助演女優賞を受賞した、「月の満ち欠け」、「ハケンアニメ!」が9部門で続いている。